節分の日に実践したいスピリチュアルな開運方法8選

「季節を分ける」と書く節分は、スピリチュアルでいう大みそかに当たる日です。

節分までに心の年越しの準備を完了して、翌日の立春にスピリチュアルな新年のスタートを切ることが、今年一年の開運には重要です。

この記事では、節分当日や節分以前の18日間(土用)の開運のための過ごし方について解説していきます。

この記事で分かる3つのこと
  1. 節分のスピリチュアルな意味
  2. 節分に実践したいスピリチュアルな開運方法
  3. 節分を含む18日間「土用」の過ごし方

節分の日の開運方法を知ることで、立春というスピリチュアルにおける新年から最高のスタートを切ることができます!

まずは、節分とはスピリチュアル的にどんな1日なのかを、簡単に知っていきましょう。

節分はスピリチュアルにおいてどんな1日?

SETSUBUN

節分とは、冒頭でもお話した通り「季節を分ける」と書きます。

ここでいう季節の変わり目とは、冬から春に変わること。

節分の翌日の2月4日は「立春」であり、この日を境に春が始まることを知らせる重要な1日です。

古来から立春は、今でいう元旦(1月1日)と位置づけられてきました。

つまり、その前日である節分は今の大みそかにあたり、新年を迎える準備や今年の厄を払う日として重要な1日なのです。

このように節分は、実はスピリチュアルと縁の深い記念日であり、開運にはもってこいの1日なのですね。

節分を含む18日間の「土用」もスピリチュアルでは重要な期間

節分を含む18日間(主に1月18日~2月3日)の期間を「土用」といいます。

土用は、

  1. 立春(2月4日頃)
  2. 立夏(5月5日頃)
  3. 立秋(8月7日頃)
  4. 立冬(11月7日頃)

この四季のそれぞれの前18日間に当たり、土用の間は人や自然界のスピリチュアルな気が弱まり、体調を崩したり心も落ち込みやすくなります。

土用の丑の日にはうなぎを食べて元気をつける!

という風習は、この土用が由来です。

そんな土用を締めくくるのが節分であり、また新年を幕開けでもある立春は「運気の切り替わり」を知らせる、スピリチュアルにおいて特に重要な1日です。

そのことを象徴するように、風水をはじめとしたさまざまな占いで重宝されていたり、世界各地で立春を祝うお祭りが開かれています。

立春というスピリチュアルな新年の始まりに最高のスタートを切るためにも、節分や土用に実践したい開運方法を知り、少しでも多くの気を取り入れましょう!

立春当日の開運方法はこちら!

立春をスピリチュアル視点で徹底解説!3つの開運方法とやってはいけないこと

節分当日に実践したいスピリチュアルな開運方法

節分当日は、自分なりの「心と体がリラックスできる1日」を送ることが大切です。

一般的に大みそかに大掃除をするイメージがあると思いますが、節分の日を穏やかに過ごすためにも、家中の掃除や物の断捨離は節分の前日までに済ませたいところ。

以下では、節分当日に行いたい開運を引き寄せる行動や心がけを3つご紹介します。

節分当日の開運方法
  1. 朝日をたっぷりと浴びる
  2. 全身をデトックスする
  3. お風呂で心身を浄化する

これから紹介する開運方法を参考に、節分の日は心と体が喜ぶことを積極的に行ってみてください!

開運方法1.朝は太陽の光をたっぷりと浴びよう

節分当日の朝は、いつも通りに規則正しく目覚めて、朝日をたっぷりと浴びましょう!

太陽は、地上のすべての生命に力を与えてくれる「命の源」であり「エネルギーそのもの」です。

太陽の光は人間の生活リズム(概日リズム)を整えるなど、人間の健康と密接に関わっていますが、節分はそれに加えて、

  • 来年を気持ちよく迎える気を吸収する
  • 悪い気をはねのけるエネルギーをもらう
  • 立春に向かって高まる地上のエネルギーと同調する

といったスピリチュアルな恩恵も受けることができます。

立春というスピリチュアルな新年を心地よく迎えるために、まずは節分の朝に太陽の光をたっぷりと浴びて、開運の準備を整えましょう。

開運方法2.軽い運動やマッサージで全身をデトックスしよう

悪い気を持ったまま立春を迎えないために、節分当日は軽い運動やマッサージで軽く汗をかき、体内の毒素をデトックスしましょう!

節分当日に全身をデトックスする理由は、体に溜まった悪い気をすべて出しきって、立春にかけて高まりつつあるスピリチュアルなエネルギーを多く体に取り込むため。

生命力に満ちた新年の気を集めるために、普段は運動する習慣がない方も、

  • 1時間ほど散歩する
  • 自宅でセルフストレッチを行う
  • 行きつけのお店で全身をマッサージしてもらう

などなどで、節分当日に体をアクティブに動かして、開運につながる良質なエネルギーを取り入れましょう!

開運方法3.お風呂に浸かって心と体を浄化しよう

風水の教えでは、立春はお正月と同じく「お風呂に入ったりシャワーを浴びないほうがいい」とされています。

また、立春に前年の厄を持ち込まない意味でも、節分の日の夜はお風呂にしっかりと浸かりましょう。

湯船に浸かることで全身の血流が増し、運動と同じデトックス効果を得られます。

また、

  • お風呂にアロマオイルを垂らして香りを楽しむ
  • 入浴グッズで温浴効果を高めてデトックス効果を上げる
  • 天然塩をひとつまみ入れて心身の浄化力を上げる

といった入浴方法も、立春からの開運に効果的です。

立春までのスピリチュアルな開運のコツは、心と体が喜ぶことを実践すること。

自分が一番心地いいと感じる方法で、節分の日に全身を浄化しましょう!

節分当日まで(土用)に済ませたい5つのこと

5 POINTS

節分当日をゆったりと過ごすために、節分を含めた土用のうちに済ませたいことを補足します。

節分当日までに済ませたいこと
  1. 大掃除…悪い気を外に流すため、水回りの掃除は重要!
  2. 断捨離…不要な物は手放し、必要な物にエネルギーを注ごう!
  3. 換気…立春にかけて高まる気を、家の中に取り入れよう!
  4. 物の買い替え…お気に入りの衣服などを新品に買い換えて、立春を気持ちよく迎えよう!
  5. 来年の目標設定…今年に達成したい目標を決めて、立春から行動を開始しよう!

上記は、あくまで代表的な開運方法です。

節分や立春当日の過ごし方で一番大切なことは、心を穏やかに、ポジティブに過ごすこと

掃除や物の新調といったのやるべきことを節分当日に残しておくと、スピリチュアルにおける年末を慌ただしく過ごすことになります。

一方、節分前日までにできることをすべて済ませておくと、開運のエネルギーを取り込む心の余裕が生まれます。

土用の18日間を活用して毎日こまめに掃除をするなど、スピリチュアルな新年を気持ちよく迎える準備を整えましょう!

この記事のまとめ

節分のスピリチュアルな意味

節分は冬と春を分ける、スピリチュアルにおける大みそか。節分までに新年(立春)を迎える準備を整えることで開運を引き寄せられます!

節分当日に実践したい開運方法
  1. 朝は太陽の光をたっぷりと浴びよう
  2. 軽い運動やマッサージで全身をデトックスしよう
  3. お風呂に浸かって心と体を浄化しよう
土用に実践したい開運方法
  1. 大掃除
  2. 断捨離
  3. 換気
  4. 物の買い替え
  5. 来年の目標設定

スピリチュアルにおける節分は、季節が冬から春に切り替わり、地球全体が生命エネルギーに満ちあふれる大切な1日です。

立春にかけて徐々に高まるエネルギーをたっぷりと取り入れるために、節分当日や土用を有効活用して、スピリチュアルな新年を気持ちよく迎えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。