ツインレイランナーの後悔とは?

ツインレイと関係を育むにつれて、2人はいずれ「サイレント期間」に入り、一時的に音信不通になります。

このサイレント期間中に、ツインレイはランナーとチェイサーに分かれて、自分自身のエゴや執着心に向き合います。

ツインレイの統合に必要な過程とはいえ、サイレント期間のきっかけを作ってしまったランナーは、大きな後悔を抱えます。

この記事では、ツインレイランナーのサイレント期間中の後悔について、スピリチュアルの知識を交えて分かりやすく解説していきます。

この記事で分かる3つのこと
  1. ツインレイランナーの後悔の気持ち
  2. ランナーが魂を成長させる方法
  3. チェイサーがランナーにできること

ツインレイランナーが後悔すること

Regret

ツインレイのランナーがサイレント期間中に最も後悔することは、

愛しているにも関わらずパートナーから逃げてしまったこと

です。

ランナーの後悔は、愛しているのに「逃げる」という真逆の行動をしてしまったことにあります。

ランナーがチェイサー逃げ続ける原因は、チェイサーのことを嫌いだからではありません。

むしろツインレイを愛しているからこそ、その愛に真正面から向き合うことを恐れて、片割れのいない世界に逃げてしまうのです。

ツインレイランナーが後悔する原因

Runner

ツインレイのランナーの後悔の根本的な原因は、

自分は片割れにふさわしくない

と思い込み、自信を失うことです。

チェイサーの大きすぎる愛を目の当たりにしてきたランナーは、

自分にはこんなに愛される資格がない…

と、自尊心を徐々に失っていきます。

ランナーはチェイサーの愛から逃げてしまう

サイレント期間に入る前のランナーは、チェイサーの愛を徐々に受け止めきれなくなり、愛に向き合うことではなく逃げることで対処しようとします。

ランナー役を担うツインレイは、過去にひどい虐待やいじめを受けた経験を持つ人が多く、孤独の闇をずっと抱えて生きてきました。

チェイサーの愛は、そんなランナーの闇を明るく照らす光であり、まさしく太陽そのものです。

太陽は、どんなに避けても嫌っても、今日も明日も変わらず光を届けてくれますよね。

そんな太陽の暖かさを身をもって知ってしまったランナーは、チェイサーから逃げながらツインレイと共に生きるために魂を成長させます。

そして、太陽の存在を受け入れた瞬間にサイレント期間は終わり、統合に向かうのです。

ツインレイ男性の決心とは?

ツインレイ男性の3つの決心とは?

ランナーの後悔はサイレント期間を終わらせる鍵

ツインレイランナーの後悔は、サイレント期間を終わらせるために欠かせない感覚です。

サイレント期間に入ったランナーは、次のような心理をたどります。

第1段階
自由

ツインレイから離れて自由を感じる。

第2段階
不安

愛されていた日常を失って不安になる。

第3段階
後悔

自分の意思で逃げたことに後悔する。

第4段階
手放し

ツインレイに対する執着や身勝手なエゴを手放す。

最終段階
再会

ツインレイにふさわしい人間になれた頃に再会を果たす。

もしランナーがチェイサーから逃げたことを後悔しなければ、その後の魂の成長もありません。

サイレント期間の始まりだと思っていた音信不通のサインが、そのまま今生の別れになってしまうでしょう。

ツインレイランナーの後悔とは、サイレント期間の終了はもちろん、魂の覚醒や統合を果たすためにも欠かせない感情なのです。

ツインレイランナーの覚醒とは?

ツインレイランナーの覚醒とは?

サイレント期間中にチェイサーにできること

Chaser

ツインレイの2人が完全に音信不通になるサイレント期間に、チェイサーがランナーに対して直接できることはありません。

ランナーは、

何としてもチェイサーから逃れたい…

と考えるため、あらゆるSNSや連絡手段を使っても、共通の友達に助けを借りても、まともに連絡を取り合うことはできません。

そんなサイレント期間中にチェイサーにできることは、

逃げられても一途な愛を持ち続けること

です。

チェイサーも自分から逃げないこと

チェイサーは、ランナーへの執着が強いために「自立」から逃げてしまいます。

サイレント期間中は、チェイサーもランナーへの執着から離れて、自分を磨くことにエネルギーを注ぎましょう。

サイレント期間の目的は、ツインレイ同士の自立です。

ランナーは後悔を乗り越え、チェイサーは執着を手放すことで、再会が急速に引き寄せられます。

執着を手放す方法とは?

執着を手放すスピリチュアルな意味と具体的な方法

この記事のまとめ

ツインレイランナーの後悔

ツインレイとしての自信を失い、愛するパートナーから逃げてしまったこと。

チェイサーにできること
  • 今までと変わらずツインレイを愛すること
  • ランナーに執着せず自分を磨いて自立すること

逃げたことに後悔する気持ちは、離れてもなおツインレイを愛している証拠です。

ランナーの後悔はサイレント期間を乗り越えるために欠かせない感情であり、魂の成長に向かうターニングポイントです。

ランナーもチェイサーも、別れてしまった過去ではなく「今この瞬間」に目を向けて、ツインレイに陰ながら尽くしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。