ツインレイの記事

サイレント期間にチェイサーから連絡するのはあり?

サイレント期間にチェイサーから連絡するのはあり?

サイレント期間のツインレイは、ランナーとチェイサーという役割に分かれて、それぞれが自立を目指します。

サイレント期間のツインレイの役割
  • ランナー…チェイサーに愛されることが恐くなって逃げる側
  • チェイサー…ランナーに執着して追いかける側

ツインレイのサイレント期間は「ランナーからの連絡で終わる」と言われ、執着の手放しが課題のチェイサーからは「連絡しないほうがいい」とされています。

この記事では、サイレント期間にチェイサーから連絡することの影響や連絡したくなった時の心がけについてお伝えしていきます。

サイレント期間にチェイサーから連絡するのはあり?

冒頭でもお話しした通り、サイレント期間にチェイサーから連絡することは、望ましくはありません。

その理由は、チェイサーから連絡するという行動自体が、ランナーに執着している証だから。

ツインレイのサイレント期間の目的は、物理的に離ればなれになることで共依存を断ち、自立した状態でお互いを愛せるようになること。

チェイサーから連絡したいという心理は、

ツインレイがいないと私は幸せになれない…

という執着や依存のサインであり、ランナーの「離れたい」という気持ちを無視することにもなってしまいます。

執着が手放されるまで連絡しないことは、サイレント期間にチェイサーに与えられた課題なのですね。

チェイサーからどうしても連絡したい時は?

「チェイサーから連絡しないほうがいい」と言われても、どうしても話したくなる時もありますよね。

その時は、あなたの本心に従って、LINEやSNSでランナーに連絡をとりましょう。

ツインレイの関係に絶対的な正解はなく、サイレント期間に連絡したからといって神様から罰を受けることもありません。

チェイサーから連絡しないという暗黙のルールを破ることもまた、あなたたち2人の学びになるのです。

ただしチェイサーから連絡する時は、

返事がこないかもしれない…

もっと避けられるかもしれない…

という恐れに打ち勝ち、どんな結果になっても後悔しないこと。

自分の本心を偽らないことは大切ですが、それと同じくらい、ランナーの気持ち尊重することも忘れないでくださいね。

チェイサーからの連絡がうまくいく特別な状況

チェイサーからの連絡がサイレント期間の終わりに繋がる特例は、実は自分がチェイサーじゃなかった場合です。

サイレント期間のツインレイは、ランナーでもチェイサーでも執着心はお互いに持っているもの。

そのため真実は、「自分がランナーでツインレイから逃げたかった」ということもあるのです。

ランナーの特徴チェイサーの特徴
連絡を断った側連絡を断たれた側
男性が多い女性が多い
ツインレイの愛を恐れるツインレイの愛を恐れない
愛される自信がない愛を自制できない
ランナーとチェイサーの違い

ツインレイに連絡すべきか自分では判断ができない時は、サイレント期間を経験した人にアドバイスをもらいましょう。

サイレント期間を実際に乗り越えた占い師やカウンセラーなら、

連絡しないほうがいいのは分かってるけど、本当は連絡したくて仕方ない…

という身動きのとれない状況を変えるヒントを、心理的にもスピリチュアルの観点からも教えてくれるでしょう。

チェイサーがサイレント期間に心がけたいこと

ここからは、サイレント期間を終わらせるためにチェイサーが心がけたいことを具体的にお伝えしていきます。

チェイサーが心がけたいこと
  1. 自分が今できることに集中する
  2. エゴを手放す

自分が今できることに集中する

チェイサーにもランナーにも共通するサイレント期間中の心得は、「自分が今この瞬間できることに集中する」ということ。

特にツインレイに強く執着しているチェイサーは、自分の仕事や使命に没頭してランナーから意識を離す時間が必要です。

今までツインレイが与えてくれていた愛情を、これからは自分自身に注いで、別れる前より魂を向上させましょう。

チェイサーが自分を愛するために
  • ひとり時間が作れるサイレント期間中に自分の夢を叶える!
  • ツインレイに無関心になれるくらい趣味や仕事を極める!
  • 別れる前より綺麗になってツインレイを惚れ直させる!

過去でも未来でもなく、あなたが今この瞬間すべきことに全身全霊を注ぐこと。

その時間と行動の積み重ねが、執着心を無理なく浄化し、サイレント期間の終わりを現実化していきます。

エゴを手放す

サイレント期間にランナーに連絡したくなったら、その気持ちが「エゴ」かどうか冷静に内観しましょう。

エゴとは?

自分の利益だけを追求する思考や態度。

サイレント期間中のチェイサーからの連絡は、ランナーの「離れたい」「一人になりたい」という意思に反する行動です。

繊細で心優しいランナーは、チェイサーからの連絡に返事をしてくれるでしょう。

しかし同時に、

自分に愛される資格はない…

会えなくてごめんね…

という後ろめたさも感じて、チェイサーとの心の距離をますます遠ざけてしまいます。

チェイサーがエゴを手放して自立を一番に望むことができれば、ランナーもその気持ちに応えるかのように、再会に向けて奮起してくれるでしょう。

まとめ

チェイサーから連絡する意味
  • ランナーに執着しているサイン
  • たとえ本気で愛していても1通の連絡がランナーを傷つけることもある
  • チェイサーの課題は執着やエゴを手放すこと

ランナーの自立のためにも、そしてチェイサー自身の手放しのためにも、サイレント期間中の連絡はしないこと。

ツインレイに堂々と連絡ができるその時まで、自分が今したいことや離ればなれの今しかできないことに挑戦していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です