ソウルメイトの誕生日に隠された3つのサイン!魂の相性を生年月日で占おう

ソウルメイトの魂を持つ人にとって、誕生日とは現世に転生した最初の日です。

ソウルメイトの誕生日には、お互いの存在に気づけるように不思議なサインを残していたり、シンクロニシティを感じることがあります。

この記事では、誕生日に隠されたソウルメイトのサインについて、スピリチュアルの知識を交えて分かりやすく解説していきます。

この記事で分かる2つのこと
  1. ソウルメイトを誕生日で見分ける方法
  2. 誕生日で分かるソウルメイトの相性診断

ソウルメイトが誕生日に残した主なしるしは、次の3つです。

誕生日から分かるソウルメイトのサイン
  1. 誕生日が近い
  2. 星座の相性が良い
  3. ソウルナンバーの相性が良い

まずは、ソウルメイトを知らせる典型的なサインである「誕生日のシンクロ」から見ていきましょう。

ソウルメイトのサイン1.誕生日が近い

ソウルメイトの誕生日に隠された典型的なサインの1つは、お互いの誕生日が近いことです。

ソウルメイトは誕生日が近い!
  • 誕生日や誕生月が一致している
  • 誕生日が1日違い
  • 誕生日を並び替えると同じ数字になる(1月17日と7月11日など)

このような不思議な繋がりを感じるその人は、あなたのソウルメイトかもしれません。

このような特別な意味を感じる偶然の一致は、スピリチュアルの世界で「シンクロニシティ」と呼ばれています。

シンクロニシティは、似た波長を持つ人や物質にのみ起こる特別な現象です。

過去生から絆を深め合い、似た性質の波長を持つソウルメイトは、シンクロニシティを感じやすいのです。

ソウルメイトに年齢は関係ない

またソウルメイトとは、年齢に関係なく特別な相性を感じられます。

そのため、生まれた年代が必ずしも近くなるわけではありません。

もし年代の離れたソウルメイトに出会っても、共通の話題がなかったりジェネレーションギャップを感じたりと、お互いの相性の良さに気づくことは難しくなります。

そんなソウルメイトの2人が、お互いの繋がりに気づくために残したしるしが、まさしく「誕生日の一致」なのですね。

誕生日の一致はソウルメイトが残したしるし

スピリチュアルに詳しくなくても、誕生日が偶然一致しているだけで、その人との不思議な縁を感じられますよね。

その、

もしかしたら…?

という感覚が、ソウルメイトに気づくきっかけになることがよくあります。

ただし、ソウルメイトは現世に複数人いると言われていて、全員の誕生日が一致するとは限りません。

あくまでソウルメイトの可能性を示すしるしの1つとして、誕生日のシンクロに注目してみましょう。

ソウルメイトのサイン2.星座のエレメントの相性が良い

ソウルメイト同士は、星座のエレメントの相性も自然に良くなります。

エレメントとは、この宇宙を構成する4つの元素のこと。

星座は誕生日によって自動的に決まることから、エレメントの相性によってもソウルメイトかどうか診断することができます。

星座と4つのエレメントの関係

星座と4つのエレメントの関係は、次の通りです。

火のエレメント
  • おひつじ座…3月21日~4月19日
  • しし座…7月23日~8月22日
  • いて座…11月22日~12月21日
地のエレメント
  • おうし座…4月20日~5月20日
  • おとめ座…8月23日~9月22日
  • やぎ座…12月22日〜1月19日
風のエレメント
  • ふたご座…5月21日~6月21日
  • てんびん座…9月23日~10月23日
  • みずがめ座…1月20日~2月18日
水のエレメント
  • かに座…6月22日~7月22日
  • さそり座…10月24日~11月21日
  • うお座…2月19日~3月20日

同じエレメントに属する人は、相性が良いと判断されます。

ソウルメイトと誕生日がシンクロしない場合も、エレメントが一致していることがあります。

ソウルメイトとの相性を見る時は、星座のエレメントも確認してみてくださいね。

ソウルメイトのサイン3.ソウルナンバーの相性が良い

誕生日からは、その人のソウルナンバーを計算することもできます。

ソウルナンバーとは、数秘術における「運命数」のこと。

ソウルナンバーには、1〜9までの9つの整数と、11・22・33・44の4つのゾロ目があります。

人は大昔から、

数字には特別な意味がある!

と考えてきました。

そして生年月日は、その人にとって一生変わることのない固有の数字です。

そんな誕生日から計算できるソウルナンバーを知ることで、自分の特性や使命を探ることができるのです。

ソウルナンバーの計算方法

ソウルナンバーの計算方法は、「生年月日の数字を1桁ずつ足すだけ」で簡単に算出できます。

ソウルナンバーの計算のルールは、次の2つです。

ソウルナンバーの計算方法
  1. 1桁になるまで足し算を繰り返す
  2. ゾロ目になったら足し算をやめる(ゾロ目がソウルナンバーになる)

例えば1986年5月12日生まれの人なら、計算式は「1+9+8+6+5+1+2」となり、合計は32です。

32はゾロ目ではないため、もう一度「3+2」の足し算を行います。

よって1986年5月12日生まれの人は、数字の「5」がソウルナンバーとなります。

もしこの人が、1日違いの5月13日に生まれていたら、足し算の合計は33になります。

この場合はゾロ目のルールに従って、「33」がその人のソウルナンバーとなります。

ソウルナンバーで分かる相性

ソウルナンバーは、基本的に「同じ数字の人は相性が良い」とされています。

特別な絆を感じる相手とソウルナンバーが一致していたら、ソウルメイトの可能性が高いと判断できます。

他にも、ソウルナンバーからは、

  • 友達になる人
  • 恋人になる人
  • 結婚する人

といったさまざまな人間関係の相性を占うことができます。

しかし、そもそもソウルメイトとは、必ずしも恋愛感情を持つわけではありません。

他の人にない特別な相性を感じられる人は、同性でも家族でも仕事仲間でも、あなたのソウルメイトになり得ます。

ソウルメイトかどうかを占う際には、ソウルナンバーもあくまで参考程度と考えましょう。

この記事のまとめ

ソウルメイトの誕生日の特徴
  1. 誕生日が近い
  2. エレメントの相性が良い
  3. ソウルナンバーの相性が良い
  4. 記念日に特別な縁を感じる

ソウルメイトとは、目や耳などの五感では分からないスピリチュアルな存在です。

そんな2人の誕生日からは、転生前に残した運命のしるしを見つけることができます。

誕生日の不思議な縁を感じる人との繋がりを、これからも大切に育んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。