ツインレイ男性の3つの決心とは?

ツインレイ男性は、ツインレイ女性に出会ってから統合に向かう過程で、ある決心を固めます。

ツインレイ女性は、

彼に愛されてるのが分かる!

と順調に愛を育んでいたかと思えば、

彼が急にそっけなくなった…

と不安を感じた経験もあるはず。

それは、ツインレイ男性の気持ちが大きく変化したサインです。

この記事では、時に劇的に変化するツインレイ男性の「決心」について、スピリチュアルの知識を交えて解説していきます。

この記事で分かる2つのこと
  1. ツインレイ男性が女性のために決心すること
  2. 決心によるツインレイ男性の変化

ツインレイ男性は、主に次の3つの決心を固めると言われています。

ツインレイ男性の3つの決心
  1. ツインレイ女性を離さない
  2. ツインレイ女性だけを一途に愛する
  3. ツインレイ女性のために自立する

それぞれのツインレイ男性の心理を、この記事から詳しく理解していきましょう。

決心1.ツインレイ女性を離さない

ツインレイ男性は、ツインレイ女性との愛情を育むにつれて、

ツインレイ女性を絶対に離さない!

と固く決心します。

ツインレイとは、この地球に転生する前に、1つの魂を2つに分けたスピリチュアルな双子です。

  • 魂の片割れ
  • 人生のパートナー
  • 生涯の伴侶

このようにも表現されるツインレイの2人には、理屈で説明できない魂の強い絆があり、スピリチュアルの視点で見れば、

やっと出会えたパートナーを離したくない!

という決心は、ごく自然な心理でもあります。

ツインレイ男性の決心は3次元を超える

ツインレイの絆は、たとえどちらかが既婚者であっても、

この人をずっと守りたい!

と決心させるほど強固なものです。

ツインレイ男性は「不倫はいけない」と自制しながらも、誰にも迷惑をかけないギリギリまでツインレイ女性に尽くします。

またツインレイの2人は、年の差やLGBTなど、魂の入れ物の肉体に縛られて、

愛し合うこと自体が間違ってる!

と周りから言われる関係を築くことも。

このような理不尽な状況であっても、ツインレイ男性は女性から離れず、共に人生を歩もうと努力します。

私たちが暮らす3次元の地球では、次のような「ただ愛することさえ許さない束縛やルール」がたくさんあります。

ただ愛することも難しい
  • 性別などを決定づける、肉体
  • 年の差を生じさせる、時間
  • 「恋人がいて羨ましい」「結婚することは幸せ」と決めつける、世間体

ただ愛したいだけなのに…

といったスピリチュアルな価値観を持つツインレイには、生きづらさを感じることもあるでしょう。

そんな状況でも、ツインレイ男性はできる限りパートナーに寄り添い、繋がりを離さないように最善を尽くします。

既婚のツインレイ男性の決心とは?

既婚のツインレイ男性の揺るぎない決心とは?

ツインレイの本質は結婚ではなく魂の統合

ツインレイ男性の魂が目覚めると、

自分にはこの人しかいない!

と確信できるため、いつでも結婚できる決心を固めます。

しかし先ほどお話した通り、どちらか、あるいは2人とも既婚者になってから出会うことも、ツインレイには珍しいことではありません。

その理由は、

ツインレイの魂が求めていることは、結婚ではなく「魂の統合」だから

です。

ツインレイにとって結婚とは、現世限りの夫婦であることを認める、社会的な約束事に過ぎません。

前世でも愛し合い、来世でも愛し合うことが決まっているツインレイにとっては、

結婚できればいいけど、結婚することがすべてじゃない!

という感覚なのですね。

ツインレイが統合するとどうなる?

ツインレイが統合するとどうなる?愛し方や関係の変化を解説

ツインレイに生涯尽くす決心をさせる、無条件の愛

結婚するかしないかに限らず、すべてのツインレイに共通する絶対的な真実は、

ツインレイの2人は、無条件に相手を愛することができる

ということ。

  • 既婚者だから
  • 年の差があるから
  • 社会的な立場が違いすぎるから

といった条件は、ツインレイの2人が最終的に乗り越えるべき試練であり、愛することの障害にはなりません。

ツインレイ男性も女性も、その試練を乗り越えて、無条件の愛を生涯与え合う決心をするのです。

ツインレイの統合間近のサインとは?

ツインレイの統合間近の決定的な2つのサインとは?

決心2.ツインレイ女性を一途に愛する

ツインレイ男性の愛情は、とにかく一途です。

ツインレイ女性と出会って魂を目覚めさせた男性は、それまでどれだけ浮気性だったとしても、ツインレイ女性に一途に尽くす決心をします。

その理由は、ツインレイ男性の魂がパートナーに尽くすことを求めるから。

いろんな異性に愛される浮気や不倫の快楽より、ツインレイ女性ただ1人に喜んでもらえる幸せのほうが上回るのですね。

決心を固めたツインレイ男性はモテる

ツインレイ男性は、ツインレイ女性ただ一人にとって魅力的な男であろうと努力します。

パートナーの笑顔が見たくて、共通の趣味を楽しみ、紳士的になり、体を鍛えるにつれて、人間的な魅力もどんどん増していきます。

すると、ツインレイ男性はモテ始めます。

ツインレイ女性1人のために前向きに努力する男性に、他の女性が魅力を感じないはずがありません。

しかし、ツインレイ男性は、パートナーのことしか目に入りません。

人の本音として、異性からモテることに嬉しさを感じる一方で、

彼女に勝る女性はいない!

と、心のどこかで確信しています。

例えば、他の女性に性的な誘惑をされたとしても、理性が必ず勝ちます。

本人に自覚がなくても、ツインレイ男性の潜在意識は、

ツインレイ女性を一途に愛する

と固く決心できているからこそ、浮気をせず一途であり続けるのですね。

ツインレイ男性がモテる理由とは?

ツインレイ男性がモテる7つのスピリチュアルな理由

決心3.ツインレイ女性のために自立する

ツインレイ男性は、ツインレイ女性の幸せを何よりも尊重し、パートナーが「自分らしく生きること」を求めます。

そのため例えば、ツインレイ女性がパートナーのことを少し避けたくなった時、ツインレイ男性はその気持ちを敏感に察知して、自ら距離を置くことも。

ツインレイ男性が距離を置き、ツインレイ女性がパートナーを追いかける関係性を、

ランナーとチェイサーの関係

と言います。

ツインレイ男性は、2人の関係を改善すべきタイミングを察し、

  • パートナーを守るために自立しなければいけない
  • パートナーの愛に依存してはいけない
  • パートナーから愛されることに執着してはいけない

と感じて、お互いの自立と魂の成長のためにツインレイ女性から一時的に離れる決心をします。

これが、サイレント期間の始まりです。

ツインレイ男性の決心がサイレント期間を終わらせる

サイレント期間とは、ツインレイの2人の物理的・心理的な距離が一時的に離れる期間のこと。

恋愛でいう倦怠期のように、この期間中にお互いの自立心を養ったり、存在の大切さを再確認することが、サイレント期間の目的です。

ツインレイ同士が統合に至ると、

お互いの魂が強く結びつき、不安や孤独感を手放すことができる

と言われています。

サイレント期間とは、お互いの自立心を獲得するために乗り越えるべき「試練」です。

特にサイレント期間中のツインレイ男性は、お互いの幸せのために次のようなネガティブな感覚を手放そうと決心します。

ツインレイ男性が手放す感覚
  • ツインレイ女性が近くにいないことの不安
  • 自立のために一人になることで感じる、孤独
  • ツインレイ女性に対する、よくない甘えや依存心

サイレント期間という試練を経て、ツインレイ男性は精神的に大きく成長します。

その姿を見たツインレイ女性もまた、彼の自己犠牲を惜しまない愛情を感じて、波動をいっそう高めることができるでしょう。

サイレント期間が終わる前兆とは?

ツインレイのサイレント期間が終わる6つの前兆

この記事のまとめ

ツインレイ男性の3つの決心
  1. ツインレイ女性を離さない
  2. ツインレイ女性だけを一途に愛する
  3. ツインレイ女性のために自立する

ツインレイとして目覚めた男性の根本的な決心は、

ツインレイ女性の幸せを何よりも優先する

ということです。

パートナーに生涯寄り添う理由も、一途に愛する理由も、自立しようと努力する理由も、すべてツインレイ女性の幸せのため。

それが強制ではなく、ツインレイ女性の幸せが自身の幸せになるのですから、ツインレイの関係はまさに究極の愛ですよね。

ツインレイ女性が男性の決心を優しく受け入れることで、2人の愛はさらに大きく絶対的なものになるでしょう。

2 COMMENTS

キラリン

すごいです
スピリ科
内容を読んで、心落ちつかせる事が出来ました。ありがとうございます。でも何でわかるのですか?
宇宙から降りてくるのですか?

返信する
スピリカ

キラリンさん
コメントありがとうございます。
私の記事がキラリンさんのお役に立ち、本当に嬉しいです。

正直に申し上げますと、宇宙から特別な知識が降りてきたり、ハイヤーセルフと交信しているといった実感はありません。
記事を読んでくださる方がどんなことに悩んでいて、その悩みを解決するにはどんなことを伝えたらいいだろう、と考えると、自然と筆が進む感じです。
皆様に正解を伝えるというよりも、キラリンさんと同じような目線で、スピリチュアルを楽しむ感覚で書いています。

もしかしたら、書くべきことを自然に記事に書き起こしている状態が、いわゆる「降りてくる」ということなのかもしれませんが…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。