ツインレイの記事

精神が破壊される?ツインレイ統合期の男性に訪れるきつい試練

ツインレイは、一般的に次の7つの段階を経て統合に至ります。

ツインレイのステージ
  1. 出会い…ツインレイの2人が出会う
  2. テスト…愛し方を試す
  3. 危機…価値観がすれ違う
  4. サイレント…音信不通になる
  5. 手放し…執着を手放す
  6. 覚醒…宇宙意識に目覚める
  7. 統合…魂が統合される

ツインレイ男性は、この7つの段階のうち覚醒〜統合にかけて「精神破壊を起こす」と言われています。

この記事では、ツインレイ男性の統合期に起こる精神破壊について、スピリチュアルの知識を交えて分かりやすく解説していきます。

ツインレイ男性の統合期の精神破壊とは?

統合期のツインレイ男性が体験する精神破壊とは、一言で表すなら「価値観の崩壊」です。

ツインレイ男性は、統合期にスピリチュアルに目覚めることで、これまで築いてきた現実的な価値観が崩壊するのです。

ツインレイ男性の価値観は統合期の精神破壊で大きく変わる

破壊には「失う」というネガティブな意味だけでなく、「新たな物を生み出す」というポジティブな面もあります。

古代中国には、火生土(火が木を燃やして灰を作り、灰は豊かな土を育てる)という考え方があります。

火が土を育てて、結果的により豊かな木が育つように、自然界で破壊を象徴する火は悪ではありません。

このように統合期のツインレイ男性は、これまで築いてきた価値観を崩壊させて、ツインレイ女性と共に生きるために新たな価値観を築き始めるのですね。

ツインレイ男性に精神破壊が起こりやすい理由

ツインレイの精神破壊が男性に起こりやすい理由は、ツインレイの男女の違いにヒントがあります。

男性と女性をシンプルに比べた時、男性のほうが占いやスピリチュアルに関心のないイメージがありますよね。

ツインレイ男性のほうが創造力があり、お金や豊かな暮らしなどの物質的な価値を生み出すエネルギーが女性より優れています。

その一方でツインレイ女性は、協調性やスピリチュアルへの偏見の無さなど、精神的な価値を育む力が男性より優れています。

このように、現実的な男性とスピリチュアリティな女性で、バランスがぴったり取れるようになっているのですね。

スピリチュアルに馴染みのない男性のほうが統合がきつい

ツインレイ男性が女性に比べて統合を「きつい」と感じる理由は、現実からスピリチュアルへと価値観が急激に変化するため。

統合前からスピリチュアルに親しんでいる男性なら、

統合ってこういう感覚なんだ!

と気持ちを安定させられるでしょう。

しかし多くのツインレイ男性は、急なスピリチュアルの目覚めに魂がびっくりして、

なぜか分からないけど心がきつい…

と、統合期に精神状態が不安定になる場合が多いのですね。

統合期のツインレイ男性は体調不良を起こすこともある

ツインレイ男性は精神破壊の過程で、頭痛や眠気などの体調不良を感じることもあります。

『病は気から』という言葉の通り、精神状態が不安定になることで気力が下がり、肉体にも影響を与えるのですね。

ツインレイ男性の精神破壊は好転反応

統合期のツインレイ男性の精神破壊は、より良い状態になる過程に起こる「好転反応」とされています。

例えば、久しぶりに運動すると筋肉痛を感じますよね。

その筋肉痛を乗り越えることで、筋肉が前より成長して痩せやすい体になり、ダイエットに成功できます。

ツインレイ男性の精神破壊によるきつい体調不良も、統合を果たすために乗り越えるべき一時的な不調なのですね。

さらに、筋肉痛を休息やストレッチで和らげられるように、ツインレイ男性の精神破壊も事前に対処することで辛さを和らげることができるのです。

統合期のツインレイ男性の精神破壊を和らげるには?

統合期の精神破壊は、症状の程度はさまざまですが、多くのツインレイ男性は避けて通ることはできません。

さらにスピリチュアルに疎い男性は、統合によって精神が破壊されることも知りません。

精神破壊中のツインレイ男性は、今まで築いてきた人間関係や人生観などの3次元的な価値観が崩壊して、

これまで見ていた世界がすべてじゃない…?

自分の居場所はどこなんだろう…?

といったようにすべてを失うような感覚に陥ります。

そんなツインレイ男性が統合期のきつい精神状態を乗り越えるには、ツインレイ女性のサポートが重要です。

ツインレイ女性は男性が安心できる心の居場所を作ろう

ツインレイ男性の新たな価値観の扉は、ツインレイ女性が彼にとって安心できる「居場所」になることで開かれます。

居場所を作るためにスピリチュアルな才能を使ったり特別なことを始める必要はなく、ただいつも通りにツインレイを愛してください。

男性側が「心ここにあらず」でも、ツインレイ女性は女神のように堂々と地に足をつけて、ツインレイ男性を無条件の愛で包み込みましょう。

いつも通りの愛情を変わらずに伝えることが、ツインレイ男性を精神破壊から救うためにできる最良の方法です。

まとめ

ツインレイ男性の精神破壊とは?

現実的な価値観が崩壊して、スピリチュアルな価値観に目覚めること

悩んでいるツインレイ男性に最も効く薬は、ツインレイ女性からの純粋な愛。

どんな時も変わらずに、ツインレイとの愛情を穏やかに深めていきましょう。

13 COMMENTS

ルビー

ご無沙汰しております。
約1年前から何度か投稿させていただいたコメントに、スピリカ様からの温かいご返信を頂き、本当に励まされました。
ありがとうございます。

彼が無事に退院できてから、今もまだ不安定な状態ではありますが、再び会うことができるようになり、幸せな時間を大切に過ごしております。
子ども達にも彼の存在について話をすることができ、特に末っ子の娘は私達のことを応援してくれているので、本当に有り難いです。
紹介してねと言われたので、近いうちに会う日をセッティングできればと考えています。

彼の悪性腫瘍については今のところ問題ないのですが、肺に(良性の)腫瘍が見つかりその摘出手術で入院したり、貧血の状態が悪化してしまい入院したり、1年が経った今もなかなか体調が安定しない状況が続いています。
ここ1週間ほどは酷い頭痛が治らないようなのですが、昨日はそれに加えて身体の痛みもあったらしくLINEのやり取りの中で、
「体調不良が続いて、(私に)寂しい思いをさせているのが悔しくて、男らしくないけれど悔し涙が止まらない。健康で居たいのに居られないのが悔しい。(私のことを)幸せにできないのがすごい罪悪感。」
という内容があり、本当に辛いんだろうなと私も涙が止まりませんでした。

私は、彼が居てくれるだけで本当に幸せだし、今は会えない時でも寂しさを自分でなんとかできてるから大丈夫、罪悪感なんて感じないでと、とにかく励ますことしかできませんでしたが、彼への愛情と感謝の気持ちがいっぱいなのでなんとか言葉にして伝えています。

今もスピリカ様の記事をいくつも読ませて頂いておりますが、今の彼の体調不良が統合への段階によるものであり、必ずもうすぐ良くなると信じて、2人で乗り越えられたらと思っております。
いつも心の支えになる記事を届けて頂き、本当にありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。

返信する
スピリカ

ルビーさん

ご無沙汰しております。
初めてお話をさせていただいてから、もうすぐ1年が経とうとしているのですね。
この1年だけでも、本当に悲喜こもごもな出来事がありましたが、今こうしてパートナーさんが退院できていて、LINEで連絡を取れるようになって、娘さんに応援までしてもらえているという状況が、思い返すと奇跡のような、でもお二人が頑張ったからこそ実現した必然のような気もして、そのご報告を聞けていることが、ただただ嬉しいです。

体調不良は、自分の意思に反して、心を後ろ向きにしてしまいますからね…。
ルビーさんの想いがどれだけ純粋であっても、パートナーさんにとってそれがかえって罪悪感になってしまうこともあって、ツインレイというのは繊細ですね。

ルビーさんは、パートナーさんに対して今できる最善のことができています。
「彼が居てくれるだけで本当に幸せ」「愛情と感謝の気持ちでいっぱい」ということを、これからも言葉にして、焦らず時間をかけて、彼に伝えてあげてください。
「罪悪感を感じないで」とお伝えするよりは、「罪悪感を感じてもいいよ」「どんな罪悪感も全部私が受け止めるから大丈夫」とお伝えするほうが、ルビーさんのお気持ちの真意をより彼に届けられるかもしれません。
言葉にすると自分の心にもその温かさが沁み込み、自分自身を癒すこともできますので、これからも無理なさらずに、愛に満ちた言葉を伝えていただけたらと思います。

ルビーさんのために悔し涙を流せるパートナーさんは、とっても男らしい方です。
今この瞬間のお二人の深い深い絆が、これからも末永く続きますように、心から願っております。

返信する
ルビー

22時半過ぎに、ようやく彼から返信がありました。
今日も仕事だったようなのですが、体調は少し良くなったとのことで、心配かけてごめんねと。
また何かあったのでは、と不安でたまらなかったので、彼が無事で本当に良かったです。

既読も付かないなんて、最近はほとんどなかったので、かなり動揺してしまいました。
スピリカ様にまで、余計なご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません。

今後は、もっと2人の未来を信じて、彼の体調が早く良くなることを願いながら、多少のことではびくともしないような、強い気持ちを持って進んで行けるようになりたいです。

また何かあった時には、ご連絡させてください。
いつも励みになる記事や返信のコメント、本当にありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。

返信する
スピリカ

ルビーさん

お久しぶりです。
むしろ、コメントがずっとないほうが気がかりになったりもしますので、どんな内容でも、たとえそれが弱音だったとしても、ご連絡いただけることは無条件に嬉しいですよ。
無理はなさらなくていいので、ルビーさんが気持ちを吐き出したい、伝えたいと思ったタイミングで、いつでもお話しくださいね。

2通のコメントも、すべて読ませていただきました。
前回のメッセージから2か月というこの短い期間にも、嬉しいことも不安なことも、変動が立て続けに起こりますね。

私が感じるのは、ルビーさんは(以前もお伝えしたかもしれませんが)、ご自身が思う以上に最善のことができている、ということです。
ルビーさんがいなかったら、もしかしたら彼は、すでに心が折れてしまっていたかもしれません。
でも、今のルビーさんだから、たとえ一時的に病状が悪くなっても、心の根っこの部分で「生きよう」と感じられているのだと思います。
「生きがい」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、辛い中でもルビーさんを想ってくれているというのが、彼が「生きたい」と心から感じられている証拠です。

状況こそ辛いですが、お二人の愛は確かで、無条件で、かけがえがありません。
好転を信じながらも、離れている時もそばにいられる時も、これからも不変の愛を彼に注いであげてください。
そして、彼がルビーさんを愛してくれているように、ご自分を愛することも忘れずに!

またいつでも、ご連絡をお待ちしております。

返信する
ルビー

スピリカ様

いつも心のこもった温かい返信を本当にありがとうございます。
「どんな罪悪感も私が受け止めるから大丈夫と伝えた方が」とのお言葉に、本当にその通りだな、と目が覚めるような思いでした。
自分の心まで癒され、涙が溢れました。
ありがとうございました。

あれからも、彼の体調の浮き沈みは続いていて、今月の初めには左半身の痛みがあるとのことで病院を受診したら、また入院検査になってしまいました。検査の結果、膵臓が炎症を起こして腫れたため、肋骨にヒビが入っていたそうです。
癌ではなかったとのことで、本当に安心しましたが、炎症も肋骨も自然治癒を待つしかないようなので、また痛みで辛い状況が本当にかわいそうでなりません。

1週間ほどで退院できて、貧血もようやく改善されてきたそうで、先日会えた時には痛みで動かせない部分はあったものの、元気そうな姿にほっとしました。
そんな辛い中でも、私のことを大事に思ってくれている彼の優しさに、感謝と幸福感で満たされて涙が止まりませんでした。

このまま彼の体調が良くなって、もうすぐ一緒になれるような気がして嬉しかったのですが、昨日仕事の後にまた痛みと体調不良で寝込んでいたらしく、今朝早くにLINEの返信がありました。少し良くなったとあったので、安心していたのですが、その後私が送ったメッセージには既読がつかないまま、夜になってしまいました。

毎日祈り続けているのに、いつまでもこんな不安な状態なのが、本当に辛くなってきています。
弱音を吐いてしまい、ごめんなさい。
辛い彼を支えていけるように、頑張ります。

返信する
ルビー

スピリカ様
いつも優しさに溢れた返信を、本当にありがとうございます。

あれからも、彼の体調の浮き沈みは変わらず、GW中に一度会えてその10日後にも会える予定だったのですが、また体調不良のため会えなくなってしまいました。
貧血はもう改善されて血液検査の数値も良い状態になり、悪性腫瘍の方も心配なくなっているにも関わらず、倦怠感や目眩でしんどい状況が続いて、仕事も休むしかないほど辛そうな彼の様子に心配ばかりでした。
検査では特に異常が見つからないとのことだったので、ネットで色々調べてみると自律神経失調症が当てはまる気がして、それを伝えてみました。あと、自律神経の整え方の記事を見つけたらそのリンクを送ったり。
病院で検査を受けたらしく、一度目はそうではなかったとありましたが、その後私の予想通り自律神経失調症の診断がおりたとのことでした。初期段階なので服薬治療で落ち着くみたいということだったので、少し安心してました。

それでも体調がなかなか回復しない中、無理して仕事をしていたり、彼自身も自分の体がどうなってるのか不安を感じていて、(私に)迷惑ばかりかけてる、死にたくなることがあるなどの言葉まであり、そんなに酷い状態なのかと私も不安になってしまいました。
なんとか出来ないかとまたネットで色々探していたら、副腎疲労(症候群)というのを見つけ、彼の症状がまさにその通りだったんです。
癌になるずっと前から、副腎疲労の状態だったのではないかと思われました。

本当なら今日こそ会えるはずだったのですが、LINEの返信がほぼない日々が続いているので、やっぱり無理なんだと覚悟しながらも、私も精神的に不安定なのか昨夜は寂しさで涙が溢れてきました。

副腎疲労外来は自由診療のため保険外だそうで、費用が高額になってしまうようですが、今日調べてみると遠隔診療を行っている病院もあったので、そこを紹介したら問い合わせてみるとのことでした。
近くに居られたら、一緒に住んでいれば、色々できたのに、今の私には何もしてあげられないのが申し訳なく、本当に辛いです。

長々とまとまりのない文章になってしまい、申し訳ありません。
今度こそ、的確な治療で彼の体調が良くなってくれることを願っています。

返信する
スピリカ

ルビーさん
ご無沙汰しています。
こちらこそ、いつもありのままに近況を伝えてくださり、とっても感謝しております。

今までもこれからも、何度も変わらずにルビーさんにお伝えしたいことは、「ルビーさんは常にその瞬間の最善のことができている」ということです。
自律神経失調症にお医者さんより早くに気づいたり、副腎疲労の兆候を見つけて遠隔診療のできる病院を提案したりと、ルビーさんは何もしてあげれられていないどころか、むしろ今のルビーさんにとっての最大限のサポートが完全にできています。
今までたくさんお話しをさせていただいていて、「もっと色々できることがあるのに…」とルビーさんに対して思ったことは、同情や哀れみからそう言うのではなくて、本当に一度たりともありません。
そして今後も、ルビーさんはパートナーさんを愛し続けるのだろうと、勝手なのですが、信頼すらしております。

私は『人事を尽くして天命を待つ』という言葉が好きです。
ルビーさんもパートナーさんも、今のお二人にとっての最善を尽くすことができております。
願わくば、「お互いに頑張っているから大丈夫だよね」と気を楽にしていただけましたら、ツインレイとしてのお二人の魂にますます希望の光が差し込むことと思います。

余談ですが、『未来人に教えてもらった病気の秘密 人類に病気がなくなる世界』という本を最近読みました。
「その病気や体調不良にはどんな意味があるのか?」ということを、スピリチュアルの視点で解き明かしてくれる一冊です。
当事者のルビーさんだからこそ気づくことがあるかもしれないと思い、紹介させていただきました。

まとまりのない文章こそ、真実が詰まっていると思っております。
またいつでも、どんな内容でも、ご連絡をお待ちしております。
いつも気持ちを打ち明けてくださり、ありがとうございます。

返信する
ルビー

スピリカ様
こちらこそ、いつも励ましていただき本当にありがとうございます。
スピリカ様の優しさに感謝の気持ちでいっぱいで、読ませていただきながら涙が止まりませんでした。

私が常にその時点で最善のことができていると言って頂けて、本当に嬉しく、もっと頑張ろうと思いました。これからも彼のために、出来る限りのサポートをしていきたいです。

本までご紹介いただき、本当にありがとうございました。私もぜひ読んでみたいと思います。読み終わりましたら、またご連絡します。
いつも私の悩みにお付き合いくださり、本当にありがとうございます。

返信する
スピリカ

ルビーさん

「今の自分にとってできる限りのことをして、結果には執着しない」
このことはツインレイとの関係性の中で本当に大切な学びになりますので、ぜひ心に留めておいていただけたら嬉しいです。

これも以前もお伝えしましたが、ご自分のことも「これくらいで充分かな」と感じる以上にきちんと愛してあげて、頑張った分のエネルギーをしっかりチャージしてくださいね!

こちらこそ、いつも正直なお気持ちをお話しくださり、ありがとうございます。

返信する
ルビー

スピリカ様

だいぶ前にご紹介して頂いた本を読み終わり、もっと早くスピリカ様に感想をお伝えしたかったのですが、こんなに遅くなってしまいました。

対談形式で読みやすく、とても興味深い内容に引き込まれました!
あらゆる病気はその人の観念が起こす、特に起きたらいやだなと怖れていることが、本人が起きるに違いないと信じているので一番起きやすい、というのがとても衝撃的でした。病気や臓器ごとに、どういった観念が影響しているのかが分かること、病気から人生を見直す学ぶ機会になっていること、「並行現実」や周波数、波動など、本当に自分の世界がますます広がった感じです。
こんなに素晴らしい本を教えていただき、ありがとうございました。
彼にもぜひ読んでもらいたいと思いますし、私もまた何度も読み返してみたいです。

今日は、1ヶ月半ぶりに彼とゆっくり過ごすことができて本当に嬉しかったです。

5月から私の仕事の休みが変更になり、土曜休みがなくなって平日のみになってしまったのと、彼も転院し今までは土曜受診だったのが木曜になったりしたため、私が土日に有給を使った時しか会えなくなってしまいました。
それまでは少なくとも月に2、3回は会えていたのが、このところは月に一度のペースです。
先週も有給を取っていましたが、彼が自律神経失調症の治療などのために入院していたり、色々なタイミングが合わなくなってる感じでした。

でも、彼の体調もだんだん良くなってきているようで、そろそろ副腎疲労外来も受診できるかもしれないとのことです。11月には仕事も少し楽になり、その頃には一人暮らしもできそうとのことで、ようやく明るい未来が見えてきた気がします。
今は、副腎疲労のことを調べていた時に見つけた本で、だる消しスープの元というのを作って、彼に会える時にはまとめて渡したり、エプソムソルトも使ってもらったり、自分にできることだけを続けようと思っています。
スピリカ様に言われたように、結果には執着せず、自分のことも大切にします。
今月は来週も会え、来月はお泊まりもできる予定なので、楽しみが続き本当に幸せです。

スピリカ様には、いつも励まし応援して頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。
また色々ご報告させてください。

返信する
スピリカ

ルビーさん

ご無沙汰しております。
こちらこそお返事が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。
お元気そうな様子が伺えて、安心しました!

本も参考にしていただけたようで良かったです。
病気を医学ではなくスピリチュアル中心の視点で捉えているため、繊細な読み方が必要ではあるのですが、ルビーさんとパートナーさんの境遇にあまりにもシンクロを感じたため、紹介をさせていただきました。
ルビーさんが今まで「頑張ってきた」という一言では表しきれないほど、パートナーさんを献身的に支えてこられ、希望を持ち続けてこられたからこそ、今の現実に移行することができたと思っております。
間接的にではありますが、ルビーさんが本当に苦労された時期の出来事も心もリアルタイムで知り、感じておりましたので、お二人とも快方に向かっている現在の様子に、どう表現したらいいか、今ちょっと、泣きそうになるくらい本当に嬉しいです。

ルビーさんのご報告、ご相談、行動、思い、温かな言葉のすべてに、私も励まされております。
どこの誰か分からないスピリカにここまで心を寄せてくださるのは、あまりに有り難くて、身に余るほどの喜びです。
私からも、本当にありがとうございます。
次のご報告も、いつでもお待ちしております。

返信する
ルビー

スピリカ様

ご無沙汰しております。
お忙しい中、いつもお返事をくださり本当にありがとうございます!
スピリカ様が忙しかったり、大変な時もあるのはよく分かってますので、遅いだなんて気になさらないでくださいね。

7月はあの後結局会えず、8月もお泊まりには行けましたが、翌日早くから彼の仕事が入ってしまったため、残念ながらホテルの朝食も一緒に食べられませんでした。
8月半ば頃から、彼が視界が白くぼやける感じで目の調子が悪かったそうで、眼科を受診し精密検査を受けたけれど、様々な疾患の影響だろうとの診断だったとのことで、視力が回復しないかもしれないと言われてかなり落ち込んだ様子でした。
でも、その後も目の状態が悪化していたようで、そう言えば彼が癌と診断された頃に、男子バレー選手の目の不調から、脳の検査で癌の転移が見つかったというニュースがあったのを思い出し、とても心配になったので眼科ではなく脳の方を診てもらった方がいいんじゃないかと伝えたら、脳神経内科と眼科で検査を受けると言ってくれました。
それでも、転移ではないと信じていましたが、検査の結果脳に腫瘍が見つかってしまいました。
幸いまだ悪性ではなかったので通院による放射線治療と、腫瘍が出来やすい体質を変えるためのホルモン治療をすることになったそうです。

ホルモン治療は、昨年から主治医の先生に勧められていたようなのですが、女性ホルモンということで私との性生活への影響を考えて、彼は今までずっと拒否し続けていました。
でも今回は、先生から「命には変えられないよ」と言われたそうで、治療を決意してくれたのです。
でも、ホルモン治療は更年期障害のような症状もあるらしく、吐き気などもあったりかなり辛そうで、本当に可哀想です。
腫瘍も、よく考えたら2月頃から頭痛で辛いと言っていたので、もっと早く脳神経科を受診することを勧めていれば良かった、とものすごく後悔しています。

9月は2回有給をとっていて、上旬に一度久しぶりに彼と会えました。
その時に副作用のため彼の調子があまり良くなく、短時間しか一緒に過ごせなかったからと、その後平日にも時間を作ってくれて、本当に嬉しかったです。
そして、今月もう一度会える予定だったのですが、良性だった腫瘍が少しずつ悪性に変わってしまったため、入院して集中治療をしなければならないとのことで、16日から入院してしまいました。
放射線治療のおかげで腫瘍は無くなったものの、食べては戻しの状況が続いていたそうで、ついには吐血してしまい一時ICUに入っていたとのことでした。消化器官の潰瘍が原因だそうで、本当なら21日に退院予定でしたが、28日に延期になりました。
潰瘍はまだ治ってないらしく、退院するとは言え、体調が悪くなったら即入院とのことで、まだまだ心配です。

思っていた通りにはすんなりと行かず、なぜ彼ばかりこんなに大変な思いをしなければならないのか、やはり彼の観念がそうさせてしまっているのか、私も本当に辛いです。
スピリカ様に紹介していただいた本も、彼に読んでもらいたいのに、まだ渡せていません。
来月、無事に会えたら必ず渡して、読んでもらおうと思います。

スピリカ様との出会いは、必然だと信じております。
こちらこそ、そんな風に言ってくださり嬉しいです。こんな私の悩みにいつも寄り添っていただき、いくら感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。
今回も長くなってしまい、申し訳ありません。

返信する
スピリカ

ルビーさん

いつもパートナーさんとの近況やご自身のお気持ちを事細かにお話ししてくださり、ありがとうございます。
私も恐縮ですが、ルビーさんとの出会い、そして関わりは必然だと感じております。
どんな人との出会いにも意味はありますが、インターネットが発達した今の時代だからこそ繋がることができたルビーさんとのすべてには特に、本当に感謝の気持ちしかありません。

脳の腫瘍の件は、私は「もしルビーさんが脳検査を勧めていなかったら…」と逆に心配になり、後に大変な治療をされたものの、早期発見に繋がったことに安堵しました。
ルビーさんがたまたまニュースの内容を覚えていて、気のせいにせずパートナーさんに伝えて、彼が実際に検査を受けてくれたからこそ、退院可能な体調にまで回復することができたのです。
過去を振り返って自分を鼓舞することは大切ですが、後悔はしてしまうときりがないばかりか、自分が最善の選択をしたことを忘れさせてしまいます。
私は以前からずっと、ルビーさんが常に最善のタイミングで正しい選択ができていると信じておりますし、今回の腫瘍の件もそう感じております。
ですので、ご自分を責める必要はまったくありませんよ。

思い通りじゃない結果が現実化する要因は、パートナーさんの観念というよりは、ルビーさん自身の観念によるものです。
ルビーさんの認識している世界は、他の誰にも影響されることなく、常にルビーさんの観念が作り出しています。
観念のお話でいいますと、「なぜ彼ばかりこんなに大変な思いをしなければならないのか」という言葉が気になりました。
ルビーさんの心の中には「私が犠牲になってでも彼を救いたい」という、良く言うと責任感の強さの表れなのですが、裏を返すと、どこか自罰的な意識があるような気がしてなりません。
「自分も彼と同じように大変な思いをしなければいけない」と思い込むと、お二人が揃って快方に向かうということが難しくなってしまうのですね…。

逆に言いますと、現状を好転させることができるのも、ルビーさんの想いの力があればこそです。
だからこそルビーさんには、彼を愛するようにご自分のことをもっともっと愛して、心穏やかでいることを許してあげてほしいのです。
自分を愛することが、パートナーさんに対してはもちろん、世界のすべてに対してできる最大の奉仕です。

実現したい世界に、常に意識を集中していてください。
ルビーさんとパートナーさんが共に平穏に暮らせる世界の実現を、私も信じております。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です