ツインレイが統合するとどうなる?魂の絆や関係の変化を解説

「統合」って言葉をよく聞くけど…

統合するとどうなるの…?

ツインレイの統合とは、2人の魂が元の形に戻ること。

そもそもツインレイとは、現世に転生する前に1つの魂を2つに分け合った、スピリチュアルにおける双子のような存在です。

そんな2人の分割されていた魂が1つになる現象が、統合と呼ばれています。

この記事では、

ツインレイが統合するとどうなるのか?

この疑問に、スピリチュアルの知識を交えて解説・回答していきます。

この記事で分かる2つのこと

  1. ツインレイの魂が統合するとどうなるのか?
  2. 統合前後の心理状態や関係性の変化

ツインレイの魂が統合するとどうなる?

Unification

ツインレイの魂が統合すると、現象としては2人の魂がパズルのピースのように、本来のあるべき形に整います。

しかし、人の魂は目に見えず、統合したことを五感で知ることはできません。

統合後に起こる変化は、ツインレイの2人しか知ることのできない、まさにスピリチュアルの最たる領域です。

それでは、魂が統合すると、心や体・ツインレイとの関係・愛情はどう変わるのか?

さっそく、1つ目の変化である『負の感情が芽生えなくなる』から見ていきましょう。

統合すると起こる変化1.ツインレイに対する負の感情が芽生えなくなる

Negative

ツインレイの魂が統合すると最初に感じる変化は、

ツインレイに対する負の感情が芽生えなくなる

という心境です。

ここでいう負の感情とは、

  • 執着
  • 依存
  • 束縛
  • 要求

といった、自分とパートナーを苦しめてしまう感情のこと。

例えば、ツインレイが事故に遭った時に抱く心配などは、パートナーを愛しているからこそのポジティブな感情であり、負(ネガティブ)の感情には含まれません。

統合するとツインレイをもう1人の自分のように感じられる

ツインレイの魂が統合する時の感覚を例えるなら、パートナーが「もう1人の自分」のように感じられます。

その理由は、たとえ肉体的には分離していても、統合後のツインレイは同質の魂を持つようになるため。

自分自身に執着したり束縛して思い通りに操ろうとしないように、ツインレイに対しても執着や束縛という概念そのものがなくなるのです。

これまで、

彼は私を愛してくれてるのかな…?

と心配していた人も、統合後は、

離れていても彼から愛されているのが分かる!

という確信しかなくなり、ツインレイに対する一切の不安を手放すことができます。

そして、パートナーから愛されていることと同じくらい、自分も相手を愛していると心から実感できます。

ツインレイ男性が女性に嫉妬する心理とは?

ツインレイ男性が嫉妬する3つのスピリチュアルな理由とは?

統合とは「愛されている」と確信すること

「自分と他人は違う存在」という分離意識によって成り立つこの地球において、

  • 人間関係の一切の不安がなくなる
  • お互いに愛し合っていると確信できる
  • まるでテレパシーのように完全に意思疎通ができる

こうした絶対的な関係を築けることは、孤独感を完全に解消して、心を安心で満たしてくれます。

統合すると、他人のはずのツインレイから「愛されている」と確信できる状態に至ることができます。

多くのツインレイ男性が感じる「孤独」の正体とは?

ツインレイ男性が孤独を抱える理由とは?女性にできる癒し方も解説

統合すると起こる変化2.ツインレイを無条件に信頼できる

Trust

ツインレイの魂が統合すると、

ツインレイを無条件に信頼できる

という境地に至ります。

ツインレイに対する無条件の信頼とは、言い換えると「ツインレイへの不信感がなくなる」ということ。

  • 会えない期間が長引く
  • ツインレイが他の異性と遊ぶ
  • 自分以外の人と旅行に出かける
  • 自分より友達の予定を優先する
  • デートをドタキャンされる

こうした出来事が統合前に起こったら、相手を責めたくなったり、つい嫉妬してしまうのが普通です。

しかし統合すると、パートナーを心から信頼でき、絶対的な安心感を抱けるからこそ、ツインレイに本当の意味での自由を与えられるようになります。

統合とはツインレイの自由を望むこと

統合すると、ツインレイはお互いに「自由であること」を望むようになります。

人には、何からも影響を受けることなく考えたり行動する「自由意志」があると考えられています。

ツインレイの魂が統合すると、お互いの自由意志を尊重するようになり、

自分の存在にすら影響されずに、ただ自由に幸せに生きてほしい!

と相手に望むことができます。

例えば「束縛しない」と誓い合っているカップルも、相手が自分以外の異性と1対1で遊んでいることを知って、不安を1ミリも感じない人はおそらくいないでしょう。

しかし統合後のツインレイは、仮にパートナーが他の異性と遊んだとしても、

それで相手が幸せなら、それでいい

と受け入れられるのです。

ツインレイはどちらかが既婚者の状態で出会うことが多いとされていますが、相手が既婚者でも統合を果たせる理由は、魂の片割れの自由と幸せを本気で望んでいるからこそなのですね。

ツインレイが既婚者同士で出会う理由とは?

ツインレイが既婚者同士で出会うのはなぜ?統合に至る道筋を解説

ツインレイの無条件の愛は常識に囚われない

統合後に獲得するとされるツインレイの無条件の愛や信頼は、3次元的な常識に囚われません。

例えば、統合後にあえて「別れ」を選ぶツインレイカップルもいます。

これが通常の恋愛なら「別れ=破綻」ですが、

別れることが2人の幸せ!

とお互いに納得できていたら、いくら常識からズレていても、それが2人の最適解なのです。

ツインレイによくある非常識に見られる関係性

  • 付き合わない
  • 結婚しない
  • 離れて暮らす
  • 夫婦別姓にする

こうした選択は、ツインレイを無条件に信頼しているからこそ与えられる自由であり、決して「統合したから役目は終わり」とパートナーを見捨てているわけではありません。

どんなことがあってもツインレイを愛している

と文字通り感じられたら、その感覚はツインレイと統合を果たした証かもしれません。

ツインレイ男性の「決心」とは?

ツインレイ男性がツインレイ女性のために決心することとは? ツインレイ男性の決心とは?出会う前から決めていること3選

この記事のまとめ

ツインレイの魂が統合するとどうなる?

2人の魂が、本来の1つの形に整う。

統合すると起こる変化

  1. ツインレイに対する負の感情が芽生えなくなる
  2. ツインレイを無条件に信頼できる

一般的な双子の特徴は「外見が似ていて中身が違う」ですが、ツインレイは「中身が似ていて外見が違う」という不思議な間柄です。

このようにツインレイの関係は常識で測れないからこそ、統合後に起こる出来事は、たとえ本人であっても予測できないでしょう。

そんな「予測不可能だけど幸せな未来」にさえワクワクしながら、目の前にいるツインレイとの愛を育んでいきましょう。

6 COMMENTS

ともせい

はじめまして。
大好きな旦那と最近寝室が別々になったり、同じような事で何度も何度も何度も何度も喧嘩したり、こんなに好きなのになんでだろうと調べていたらこちらに辿り着きました。旦那も自分の事は、好きだけど一緒にいないほうがいいとか、俺は私の理想にはなれないとか言います。ツインレイのサイレント期間だったりするのかな?と思い始めました。旦那は、自分にイライラすると言って部屋にこもるようになってしまいました。あんなに一人は嫌だと言っていたのに…。寂しいです。振り返ってみたら、不定期で旦那が家を出る事があったな…と思います。ツインレイなのでしょうか…。
毎日辛いです。

返信する
スピリカ

ともせいさん
コメントありがとうございます。

旦那様との近況を読ませていただきました。
とてもつらいですね…。
この文章から読み取れる限りではありますが、私の考えをお伝えさせていただきます。

ツインレイには2人がたどる「7つの段階」というものがあり、ともせいさんの段階はサイレント期間の前の「危機」のように見受けられます。
サイレント期間とは、サイレント(無音)と言われる通り、ツインレイ同士が完全に音信不通になる時期です。
もし旦那様がツインレイであるのなら、その前兆を今体験しているのかもしれません。

また、サイレント期間中のツインレイは、ランナー(逃げる者)とチェイサー(追う者)に役割が分かれると言われています。
ともせいさんと旦那様の今の状況は、旦那様がランナーとなってともせいさんから必死に逃げようとしていて、そんな旦那様をともせいさんがチェイサーとして追いかけているようにも見えます。
もし現状がランナーとチェイサーの関係の予兆であれば、ともせいさんと旦那様はツインレイの段階を順調にたどっているとも考えられます。
だからといって、何もせず時期を待てば良い、というわけではないのですが…。

旦那様は、ともせいさんを想うがゆえに、悩みを1人で抱えているのかもしれません。
仕事や人間関係など家庭の外の問題を抱えていて、それをともせいさんに相談することができない状態です。
ツインレイ男性の多くは、家族にも親友にも一定の壁を作ってしまい、この世に居場所がないと感じるほどの「孤独」に悩まされることがあります。
今の旦那様は、ともせいさんに迷惑をかけまいと、孤独の闇の中にいらっしゃることも想像できます。

ここまではツインレイとしての良い面を見てきましたが、「不定期で旦那が家を出る事があった」という近況から、旦那様が不倫をされている可能性も私には否定ができません…。
お話を伺う限りではありますが、ともせいさんが旦那様を心から愛するために、その可能性と向き合うことは避けられないのではないかと思います。

今ともせいさんにできることは、【辛さの原因を明らかにすること】と、旦那様の辛さに引きずられることなく【自立した喜びを1つでも見つけること】かなと思います。
旦那様と寝室が別々になったり、同じことで何度もケンカをする状況が改善しない状況は、明らかに良い状態とは言えません。
このまま不穏な関係をお二人とも我慢しながら続けるより、お互いの本音をしっかりと伝え合う時間を、1時間でも良いので作っていただきたいです。
今のままでは、ともせいさん自身も今の辛い現実に慣れてしまい、その闇から抜け出すことが難しくなってしまいかねません。

ともせいさんにもう1つ実践していただきたいことは、ご自身の幸せを旦那様に依存せず、自立した幸せを1つでも見つけることです。
今のともせいさんの状況をお察ししますと、「旦那様が愛してくれたら幸せ」「でも前より愛されていないから辛い…」という状態に陥ってしまっている印象を受けます。

ツインレイ女性の魂の生き方は、ツインレイ男性に尽くすことではなく「自分自身のために生きること」を望むと言われています。
ツインレイ女性が輝くことで、男性もその輝きをいつまでも保ちたいと願い、2人の魂が相乗的に輝いていくのですね。
今のともせいさんは、旦那様に意識が集中してしまい、「自分の喜びはなんだろう?」という自己愛に目を向けることができていないように感じられます。

もはや言われ尽くされている言葉ですが、自分の心が満たされていなければ、他人の心を満たすことはできません。
どうかご自愛いただき、

「旦那様と共に人生を前向きに歩むために、今何ができるだろう?」
「旦那様とこれからどんな関係になりたいだろう?」
「そのために今できることはなんだろう?」

と、自分の心に優しく問いかけてみてください。

自分だけは、何があっても自分の味方でいてあげてくださいね。

宜しければ、こちらの記事も参考になさってみてください。

【ツインレイ男性の7つの段階の愛し方】
https://spirika.com/twin-ray-male-aishikata/
【ツインレイ男性の孤独】
https://spirika.com/twin-ray-male-kodoku/
【ツインレイ女性の使命】
https://spirika.com/twin-ray-female-shimei/

長文で申し訳ございませんでした。
旦那様との関係が良くなりますように、このブログを通じて微力ながら願っております。

返信する
しょうこ

初めまして。
ツインレイ男性と出会ってから6年経ち、今は統合し彼に対する負の感情がなくなりました。
初めて会った時は、彼と一緒に居たい、結婚したいと言う、依存、執着、要求がありいつも自分中心になってました。
その負の感情が何年も続き、彼に手紙で会えたらいいなとか、一緒に食事したいなどの彼に束縛をしていた頃があり、このままだと相手は逃げていくばかりで、統合は長引いてしまうから、もうやめておこうと心に誓いました。
負の感情がなくなったのは数カ月。
この後、彼と再会し統合しました。
統合前に「けっこんしよう」と彼の魂の声?が聴こえました。
けっこんというのは、結魂のことで統合と言う意味でもあると、後で分かりました。
それ以来、彼とバッタリ会ったり車を見かけたり、いつもなら彼の姿を見ると着いて行っていってしまう事があったのがなくなりました。
彼も私も一人が好きなので、我が道を行くというのが二人の共通点です。
今は彼とは会わなくなったけど、その不安もなくなり、彼も私も自由でいいんじゃないかと思いました。

返信する
スピリカ

しょうこさん
コメントありがとうございます。

「彼も私も自由でいいんじゃないか」というお気持ちが、まさに統合のしるしですね。
統合後は、一緒にいてもいいし、いなくてもいいし、たまに会ってもよければSNSで近況を知るだけでも安心できたりと、ツインレイの関係は本当に自由なんですよね。
ただこのブログでもお話している通り、「パートナーを想う」という一点だけは、お互いがどんな状況でもブレないものなのでしょうね。

しょうこさんの「もうやめておこう」という誓いも、諦めというよりは自立に向けた前向きな決意だったのかなとお察しします。
お二人のつかず離れずの心地よい関係を知り、ほっこりしました。
ありがとうございます。

返信する
スミレ

約6年前にお互い妻子ある状態で出会いました。
この6年波乱万丈で何度も大喧嘩したり、本当に何かに邪魔をされているような事が沢山ありました。
でも何度引き離されても、別れようと思っても出来ませんでした。
昨年、夫の転勤で他県に引っ越すことになり、離れなければならない事になりました。その後彼がそんな事をするのが、信じられなかったのですが、音信不通になり、これがサイレント期間なのかと思うような
事が起こりました。

半年近く続きました。その間とても辛い時期でしたが、彼への嫉妬や執着がなくなった頃に再会出来たように思います。
このまま別れてしまうのか、何度も考えました。

また再開しましたが、以前とは違い、彼の方はずっと一緒に居たいとは思わなくなったみたいです。
物理的に無理なのですが、それはとても寂しくがっかりで、また執着のような気持ちが蘇ってきたのですが、私の方も前ほど執着がなくなったように思います。
これからは新しい関係になって行くのか、別々の道を行くことになるのかどうして行くのが良いのか分かりません。

お返事頂けると嬉しいです。

返信する
スピリカ

スミレさん
コメントありがとうございます。

半年のサイレント期間が終わって再会を果たし、以前ほど執着を感じなくなったということは、お互いに少しずつ自立の道を歩み始めることができている証です。
それと同時に「とても寂しくがっかりで…」と仰られているように、まだ完全に手放しでパートナーさんと共に自立することは難しいのかな、とも感じます。

自立できないことは、決して間違った道を進んでいるというわけではありません。
ツインレイによっては、サイレント期間は一度限りでなく、何回か繰り返しながらお互いにとって適切な距離感を掴んでいく方もいらっしゃいます。
ですので、今スミレさんが感じられている寂しさも、私は大切にしてほしいと思います。
寂しいという気持ちは、離れてもなお「彼を愛している」という証拠でもありますので、「寂しくなったり執着している自分はまだまだダメなんだ…」と悲観的に考えないように心がけていただけましたら幸いです。

私もサイレント期間に入った頃、スミレさんと同じような執着を感じて、心にこれ以上ないくらいぽっかり穴が空いたように虚しくなったことがあります。
ですがその虚しさを経験したおかげで、再会できた後に「パートナーが幸せならそれでいっか」と、いい意味で気楽に考えることができるようにもなりました。
そのおかげか、今でも滅多に会うことはできませんが、お互いにずっと連絡が繋がっていて、誰よりも信じ合える関係を築くことができています。
そんな私でも、会えるはずの予定が崩れてしまった時には「会えないのか〜…」と寂しくなったりもしますが、「寂しくなるほど求めてるんだ」と自分の気持ちを好意的に捉えています。

これからのスミレさんとパートナーさんも、サイレント期間が始まる以前とは違った距離感で、違った関係性を築いていくことになります。
そんな中で今は、お互いに適切な距離感を見極めている段階かなと思います。
この段階で大切なことは、どの時期にも言えることなのですが、『自分の気持ちに嘘をつかないこと』です。

もし今後寂しいと感じて、その気持ちを彼に伝えるべきだと思ったら、我慢したりせず、スミレさんなりの言葉で素直に伝えてみてください。
離れ離れになった今も彼がスミレさんのことを想ってくれているなら、彼なりにできる限りのことを尽くしてくれます。
そんな彼に対して「もっと愛してほしい」「もっと会ってほしい」とそれ以上の愛を要求せずに、精一杯尽くしてくれていることに感謝して、1回1回の連絡や逢瀬を心から大切にしましょう。
そうすれば、お二人にとって理想的な距離感に自ずと行き着くはずです。

ですので「どうしていくのがいいか…」というお悩みに対する回答は、ありきたりではございますが『自分に嘘をつかず、彼との一瞬一瞬を大切に向き合うこと』です。
お二人の絆がこれからも穏やかに深まりますことを、陰ながら願っております。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。