他人を苦しめた人の末路をスピリチュアル視点で解説

学生の頃に自分をいじめた人や職場で嫌がらせをしてくる人に、

不幸になっちゃえ…

とつい考えてしまうことがありますよね。

しかし現実は、加害者が罰を受ける姿を見ることはほとんどありません。

他人を苦しめたり傷つけた人には、一体どんな末路が待っているのでしょうか?

この記事では、他人を苦しめた人の末路についてスピリチュアルの視点で分かりやすく解説していきます。

この記事で分かる3つのこと
  1. 他人を苦しめた人が引き寄せる結末
  2. 『因果応報』の法則について
  3. 自分を苦しめた人との向き合い方

他人を苦しめた人の末路

他人を苦しめた人には、相応の苦しみが降りかかります。

この「相応の苦しみ」とは、同じ苦しみを味わうという意味ではありません。

他人を傷つけた人は、仏教の『因果応報』の考え方の通り、与えた苦しみに相当する辛さを体験します。

因果応報の考え方
  • 善因善果…良い原因(行動)には良い結果が伴う
  • 悪因悪果…悪い原因(行動)には悪い結果が伴う
  • 自因自果…自分の行動は良くも悪くもすべて結果に現れる

他人を苦しめた人に返ってくる結果(悪果)は、

神様が見てるから!

宇宙の決まりだから!

といったスピリチュアルな解釈もできますが、因果応報はもっと現実的に考えることもできます。

他人を傷つけた人は罪悪感に苦しむ

他人を苦しめながら生きている人は、他人を苦しめるたびに心に「罪悪感」が溜まります。

自分が生み出した罪悪感をその日のうちに反省して、罪をすぐに清算できる人もいれば、

あの時のバチが当たったのかなぁ…

と、後日に思い返す人もいます。

他人を苦しめた人は、たとえ相手に仕返しをする気がなくても、罰が返される未来をふと想像します。

自分の行動が生み出した罪悪感を清算しない限り、心から安心できなくなり、不安な末路を歩み続けるのですね。

他人を無意識に苦しめる人にも因果は巡る

他人を傷つけることに罪悪感を抱かなかったり、他人を無意識に傷つける人も、因果応報は必ず巡ります。

その理由は、

人は1人では生きられないから

です。

今日を生きられるのは誰かのおかげ!
  • 好きなご飯が食べられる
  • 屋根のある家に住める
  • 仕事してお金をもらえる
  • 自然を美しいと思える
  • 今日もぐっすり眠れる

こうした日常のすべてが、自分1人では成し遂げられないことばかりですよね。

もしこの世に自分1人しかいなかったら…?

と考えると、見ず知らずの人に生かされている事実に気づくことができます。

他人を苦しめる人は、そんな他人との縁を自ら切り捨てて、生きづらい人生を無意識に歩み始めるのです。

他人を苦しめる人の末路は「孤独」

他人を苦しめた人が迎える末路は、孤独です。

ここでいう孤独とは、たった1人で生活することではありません。

孤独のスピリチュアルな意味は、

この世の誰からも必要とされていない(と感じる)こと

です。

孤独でも大丈夫!

と言える人は、他人との深い繋がりを感じているからこそ、一人暮らしでも地元を離れても寂しさを乗り越えられるのですね。

他人を苦しめた人は、いつか必ず孤独に苦しみます。

他人を無意識に傷つける人は、孤独の種をどんどん巻き続けています。

そして、病気になったり年を取ったり死ぬ間際になって初めて、

他人を苦しめていたから孤独なんだ…

と、

自分で巻いた種は自分で摘み取る

という当然の摂理にようやく気づくのです。

この孤独感は、誰かが意図的に与えた罰ではありません。

他人との縁を切った(原因)ことによって、誰からも求められなくなった(結果)

この因果応報に沿った、ごく自然の末路なのですね。

他人が不幸になる末路を願わないこと

心や体を傷つけられると、ついその人を恨み、

なんで私がこんな辛い目に…

あの人も不幸になればいいのに…

と思ってしまう気持ちは、人間として当然の感情です。

しかし『自因自果』に当てはめると、あなたが不幸を願うほど、あなた自身がどんどん不幸になります。

その理由は、

他人の不幸を願うほど、自分に意識を向けられなくなる(他人に執着する)から

です。

他人に執着すると善因を生み出せなくなる

他人に執着することで、『善因善果』の善因を生み出せなくなります。

善因がなくなれば、当然ですが善果も生まれません。

他人の不幸を望んでも、自分自身は何も変わらないのです。

他人の思考も行動も、完全に自分の思い通りには変えられません。

自分の思い通りにできるのは、まさに『自因自果』の通り、自分のことだけなのです。

執着を手放すには?

執着を手放すスピリチュアルな意味と具体的な方法

あなたを苦しめる人から素直に逃げよう

もし今、あなたを苦しめる人の言動に悩んでいるなら、その人から素直に逃げてください。

嫌いな人から逃げることは、敗北でも無責任でもありません。

例えば、ゲームを始めた直後にいきなり勝てるはずのないボスが現れたら、迷わず逃げますよね。

逃げた後は、経験値を貯めてレベルを上げて、

今なら勝てるかも!

と思った頃に再びボスに挑み、見事に倒すことができます。

どんな作品でも、ボスが弱くなることを願う主人公はいません。

自分を苦しめた人の不幸を願うのではなく、

この人は私と波長が合わない!

と分かったら、その人を自分の人生に登場させないこと。

できる限りのことをしたら『自因自果』が巡り、あなたの人生は少しずつ好転します。

そうやって心が満たされる瞬間を徐々に増やしていくことが、罪悪感も後悔もない人生を引き寄せてくれるのです。

嫌いな人がいなくなる言霊とは?

嫌いな人がいなくなる言霊のスピリチュアルな効果と使い方

この記事のまとめ

他人を苦しめた人に起こること

自分で原因(悪因)の分だけ、悪い結果(悪果)が巡る。

他人を苦しめる人に待つ末路

他人との縁が切られて魂が孤立して、誰からも愛されない孤独を感じる。

イエス・キリストは、私たちに次の言葉を残しています。

罪のない人だけ、石を投げなさい。

自分を苦しめた人に仕返しで本当に石を投げてしまったら、あなたも同じように罪悪感に悩まされます。

人として当たり前の、

不幸を見たい…!

という気持ちをぐっとこらえて、悪因を手放してください。

そして、これまで悪因に浪費していた時間とエネルギーを使って、人生に幸せな瞬間を1つずつ足していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。