嫌いな人に無関心になる方法5選!自然に遠ざけるコツも紹介

嫌いな人に無関心になる方法とは?

職場の人や友達など人間関係の繋がりが増えるほど、つい嫌いに思ってしまう人は現れるもの。

気にしなければ楽なのに…

と分かっているはずなのに、どうしても意識が離れずストレスを感じてしまいますよね。

そんな嫌いな人を赤の他人のように無関心になれれば、人間関係はもちろんプライベートももっと充実させられるはず。

そこでこの記事では、嫌いな人を自然に遠ざけて無関心になる方法について、心理学やスピリチュアルなどの視点を交えながら分かりやすく解説していきます。

この記事で分かる2つのこと
  1. 嫌いな人に無関心になる具体的な方法
  2. 嫌いな人を遠ざける時に注意したいこと

今回ご紹介する嫌いな人を無関心にする方法は、次の5つです。

嫌いな人に無関心になる方法
  1. 嫌いな人を嫌っている原因を知る
  2. 今この瞬間に集中して嫌いな人から意識を遠ざける
  3. 嫌いな人との関わりを物理的に減らす
  4. 挨拶だけきちんとして後は関わらないと決める
  5. 価値観が違うことを理解して深入りしない

この方法のうち1つでも実践できれば、苦手なその方への関心を少しずつ着実に減らしていくことができます。

今のご自身に最もできそうな方法を、この中から1つ見つけてみてくださいね。

方法1.嫌いな人を嫌っている理由を知る

嫌いな人に無関心になる方法1.嫌いな人を嫌う理由を知る

嫌いな人に無関心になる1つ目の方法は、その人を嫌っている理由を知ることです。

嫌いな人を意識から遠ざけるには、まず相手に対する自分の関心事を明らかにする必要があります。

嫌いな理由を具体的に知ることで、

思ったより簡単に対処できそう!

想像してたより悪い人じゃないかも?

嫌いな人のことで自分が苦しむ必要なんてない!

といったように漠然としたストレスを明らかにでき、対処法も自然と見つけることができるようになります。

嫌いな理由を知って自分と相手の課題を分けよう!

著書『嫌われる勇気』で有名なアドラー心理学には、課題の分離という考え方があります。

課題の分離とは、

自力で対処できる課題と相手次第の課題を分けて考えて、相手の課題に深入りしない

という考え方です。

例えば嫌いな人があなたに嫉妬してくる場合、その嫉妬心は相手が解消すべきもので、自分がどれだけ手を尽くしても意味がありません。

嫉妬心の解消は相手の課題なんだから、気にするだけ損!

とシンプルに考えるための方法が、アドラー心理学の課題の分離です。

嫌いな人を嫌っている理由を具体的に知るということは、つまり、

その人を嫌いに思う原因が自分の課題なのか、相手の課題なのかを理解する

ということ。

嫌いな理由を曖昧にしか知らないからこそ、原因を探ろうとして相手にネガティブな関心を持ち続けてしまうのです。

まずは、なぜ相手のことが嫌いなのかを紙に書き出して、その人の苦手な部分を具体化してみましょう。

方法2.今この瞬間に意識を集中する

嫌いな人に無関心になる方法2.今この瞬間に意識を集中する

嫌いな人に無関心になる2つ目の方法は、今この瞬間に意識を集中すること。

「今この瞬間に集中する」とは、

今まさに目の前で起こっている出来事や体験にすべての意識を集中すること

です。

難しそうに思えますが、実は今この瞬間に集中することは、あなたもどこかで必ず経験しています。

誰もが今この瞬間に集中したことがある!
  • 好きな映画やドラマに没頭している時!
  • 親友と一緒に美味しいご飯を食べている時!
  • 寝る直前の意識が薄れていく時!

このように意識が何か1つの物事に集中している時に、嫌いな人を思い浮かべることはありませんよね。

今この瞬間に集中できている時は、未来の不安も過去の失敗も、今どこで何をしているか分からないあの人のことも、完全に無関心でいられるのです。

その逆に、

無関心になりたい…

と思っている間は、嫌いな人に自分の関心を奪われている証拠です。

他人に奪われた関心を取り返すために、今この瞬間に集中する方法を試してみましょう。

嫌いな人に無関心になれないスピリチュアルな理由とは?

嫌いな人になぜか無関心になれずストレスを感じる理由は、体と脳の次元がズレているから。

体と脳は次元が異なる!
  • 体は3次元…時間に縛られて今この時にしか存在できない
  • 脳は4次元…時間に縛られず未来にも過去にも自由に行ける

この体と脳の次元のズレが大きくなるほど、未来の不安も過去のトラウマも大きくなります。

しかし、肉体は未来や過去に行ってストレス源を直接解消できないため、モヤモヤがずっと残ってしまうのですね。

嫌いな人に無関心になるには、

嫌いな人との未来にも嫌がらせをされた過去にも意識を寄せずに、今この時に集中する時間を増やすこと

この心がけがとっても重要です。

関心事を自分にたくさん向けて、嫌いな人への関心を少しずつ薄れさせていきましょう。

方法3.嫌いな人との関わりを物理的に減らす

嫌いな人に無関心になる方法3.嫌いな人との関わりを物理的に減らす

嫌いな人に無関心になる3つ目の方法は、相手との関わりを物理的に減らすこと。

先ほど解説した今この瞬間への集中は、時間をコントロールして嫌いな人から4次元的に意識を遠ざける方法です。

そして今からご紹介する物理的な関わりの現象は、体をコントロールして嫌いな人を直接的に遠ざける方法です。

物理的に離れるだけで関心は徐々に薄れていく!

物理的に会わないようにするだけで関心が薄れることも、誰もが実際に経験しています。

例えば、小さな頃に仲が良かった友達も前の職場で自分をいじめてきた人も、時間が経つほど関心が薄れて、

そんなこともあったなぁ〜

と、当時は印象的だった出来事もどんどん曖昧になりますよね。

今は苦手な人が身近にいて嫌でも意識させられる状況でも、関わり自体を減らせば関心は少しずつ確実に減らすことができるのです。

嫌いな人との関わりや意識する時間を減らすには?
  • 必要最低限の時だけ関わる
  • 遊びや飲み会の誘いに乗らない
  • どうしても会う時は気の合う人を誘う
  • 思いきって転職する
  • 顔を絶対に見ない場所に引っ越す
  • LINEやSNSをブロックする
  • 嫌いな人の話題を集めない

職場などでどうしても会ってしまう場合でも、相手からできる限り遠ざかって自分軸を保ちましょう。

方法4.挨拶だけきちんとする

嫌いな人に無関心になる方法4.挨拶だけきちんとする

嫌いな人に無関心になる方法として、相手からわざと遠ざかるのではなく、

あえて自分から近づくことで関心が無意識に寄ってしまうことを防ぐ

と逆転の発想で考えることも効果的です。

社会人として自然なコミュニケーションの「挨拶」を利用して、嫌いな人に無意識に関心が寄ってしまうことを防ぎましょう。

挨拶で嫌いな人を無意識に気にしてしまうことを防ごう!

嫌いな人に無関心になれない理由は、予想外のタイミングで会ったり思い出してしまうから。

嫌いな人との関わりを自分でコントロールするために、関わる時間と関わらない時間を明確に線引きするのです。

「意識を無意識に奪われる事態」を防ぐために、

挨拶は自分から嫌いな人に関わる唯一の時間

と決めて、それ以外は関わらなくていい時間と自分の心の中で決めてしまいましょう。

無関心な人とは、関わりのない人ではなく「赤の他人」として接することができる人です。

周りの人と同じ態度や距離感を保てるように、挨拶を活用してみましょう。

嫌いな人が遠ざかる言霊の力と使い方を知りたい方はこちら!

方法5.価値観が違うことを理解する

嫌いな人に無関心になる方法5.価値観の違いを理解する

嫌いな人に無関心になれない人は、心のどこかで相手の価値観を否定している場合もあります。

もしお互いの意見がぶつかり合っても、

あなたはそういう価値観なんだね〜

と受け入れることさえできれば、相手を嫌う原因も生まれません。

価値観は人それぞれ違うから、善悪を自分でジャッジする必要はない

という事実を知っておくことで、嫌いな人は「価値観の違う人」として見えるようになり、徐々に無関心になっていきます。

価値観の違いを受け入れるだけで関心は薄れる!

価値観の違いも「嫌いな理由を知ること」と同じように、

自分と相手は違う考えを持っている!

と理解するだけで相手への関心を薄れさせることができます。

相性が合わないことを知ったら、それ以上相手と深く関わる必要はありません。

他人に自分軸を無理やり合わせるよりも、波長の合うや価値観の違いを楽しめる人との時間を大切にしましょう。

嫌いな人を遠ざける時に心がけたいこと3選

苦手な人をより早く着実に遠ざけるには、いくつかの心がけを知っておくことも重要です。

ここからは、嫌いな人を無理なく確実に遠ざけるために心がけたいことを3つご紹介します。

嫌いな人を着実に遠ざけるコツ
  1. 時間がかかることを理解する
  2. 思いきった挑戦を恐れない
  3. 嫌いな人からも学びがあると心得る

心がけ1.時間がかかることを理解して少しずつ関心を減らす

嫌いな人を遠ざけるコツ1.時間がかかることを理解する

嫌いな人が無関心に変わるまでには、とても時間がかかります。

嫌いな人を今すぐ遠ざけるには、転職や引っ越しで「絶対に会わない環境」を自ら手に入れる以外にありません。

早くいなくなってほしい…

と焦るほど嫌いな人を意識してしまい、かえってストレスを溜めてしまいます。

だからこそ今回の方法を実践する時には、ある程度の時間がかかることをしっかり心得ましょう。

焦らず自分を保ち続けることが、無関心化を成功させる秘訣です。

心がけ2.思いきった挑戦ができるなら恐れずチャレンジする

嫌いな人を遠ざけるコツ2.思いきった挑戦を恐れない

もし転職や引っ越しをしても問題ない状況なら、恐れずに挑戦することも頭の片隅に入れておいてください。

嫌いな人に無関心になるには、焦らずどっしり構えることも大事です。

しかし、ストレスを溜めすぎて取り返しがつかない事態になるのはもっと避けたいこと。

逃げることは、決して恥ずかしいことではありません。

心が壊れてしまう前に、嫌いな人から勇気を出して思いっきり離れてください。

心がけ3.嫌いな人からの学びはとても大きいと心得る

嫌いな人を遠ざけるコツ3.嫌いな人には学びがあると心得る

嫌いな人からは、赤の他人よりもずっと価値ある学びを得ることができます。

例えばいじめを経験した人は、その出来事を糧にして、

私は他人を絶対に傷つけないようにしよう!

同じように悩む人がいたら積極的に助けよう!

と他人に優しくなることができます。

振り返ってみると、その優しさを与えてくれた人物は、昔嫌っていたその人なのです。

嫌いな人からの学びを終えて、縁が切れた時に初めて、

あの経験があったから今の自分がいる

と冷静に過去を見つめることができるのですね。

このように、辛い出来事は自分の成長や他人を愛する方法を学べる貴重な経験になることがあります。

嫌いな人に無関心になれた頃のあなたは、人として大きく成長できているはず。

その時に育んだ無条件の優しさを、あなたの好きな人にたくさん還元してくださいね。

この記事のまとめ

嫌いな人に無関心になる方法
  1. 自分がその人を嫌う理由を知る
  2. 今この瞬間に集中して嫌いな人から意識を遠ざける
  3. 嫌いな人との関わりを物理的に減らす
  4. 挨拶だけきちんとして後は関わらないと決める
  5. 価値観が違うことを理解して相手の考えに深入りしない

嫌いな人をまったく無関心な存在に変えるには、体と意識を時間をかけて遠ざけていくことが大切です。

今すぐ縁を切りたい…

と思って後先考えずに行動すると、今よりもっと悪い状況になる可能性も。

焦らず、でも確実に、少しずつ関心を薄れさせていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。