縁を切るべき人の特徴4選!スピリチュアル視点で解説

縁を切るべき人のスピリチュアルな特徴とは?

人との縁は不思議なもので、偶然が重なって繋がり続けることもあれば、いとも簡単に切れてしまうこともあります。

すべてのご縁には意味がありますが、必ずしも繋がっていることが良いと言えない人もいます。

そこでこの記事では、縁を切るべき人の特徴についてスピリチュアルの視点で分かりやすく解説していきます。

縁を切るべき人のスピリチュアルな特徴

さっそく、縁を切るべき人のスピリチュアルな特徴を見ていきましょう。

縁を切るべき人はどんな人?
  1. 悪口や愚痴が多い人
  2. 人を傷つける人
  3. 感謝しない人
  4. お金や時間の価値観が合わない人

特徴1.悪口や愚痴が多い

縁を切るべき人の1つ目の特徴は、悪口や愚痴ばかり言うこと。

「言霊」という考え方は、今は決してスピリチュアルではなく、科学的に解明されつつあります。

音は空気の波によって伝わり、人は心地よい波長と有害な波長を聞き分けることができます。

悪口や愚痴などネガティブな言葉は、荒い口調や声色などで不安定な波を発生させ、受け取った人の波動を乱します

悪口や愚痴は、感覚的にはもちろん、波動の観点から見ても離れるべき人なのですね。

特徴2.人を傷つける

意図的でも無意識でも、人を傷つける人とは、すぐに縁を切ること。

スピリチュアルの世界には「エナジーバンパイア」という考え方があります。

エナジーバンパイアとは、名前の通り、人のエネルギーを吸血鬼のように吸い取る人のこと。

エナジーバンパイアの特徴
  • 悪口を言って人の評価を下げ、自分を正当化しようとする
  • 他者に依存して、物や愛を一方的に恵んでもらおうとする
  • 嫉妬してその人の成長や成功を邪魔する

このような他人を傷つけることで自分軸を保とうとする人と一緒にいても、ただ波動を下げられる一方です。

彼らのターゲットにならないように、エナジーバンパイアの特徴を持つ人からは少しずつ離れ、縁を切りましょう。

どんな人がエナジーバンパイア?

人を傷つけた人の末路は?

特徴3.感謝しない人

人は1人では生きられないからこそ、感謝を伝えることは、魂の成長にとっても欠かせない行為です。

その感謝をまったくしない人は、道徳的にはもちろん、スピリチュアルの視点から見ても縁を切るべき人です。

ここでいう「感謝しない人」とは、どんな方法であっても感謝の気持ちを示さない人のこと。

例えば、口数の少ない人が、実は陰で行動によって恩返ししてくれていたというケースもあるため、

この人は私に感謝しないから縁を切る!

と決めつけたり、こちらから感謝を強要しないよう気をつけましょう。

特徴4.お金や時間の価値観が合わない人

縁を切るべき人の4つ目の特徴が、お金や時間の価値観が根本的に合わないということ。

お金や時間の使い方は人それぞれの自由で、誰も否定することはできません。

ただし、浪費癖や遅刻癖で周りに迷惑をかける上に反省もしない人とは、縁を切るべきです。

お金や時間といった3次元的な価値を大切に扱うことは、豊かさの引き寄せやステージの向上にとって重要な心がけなのです。

なお、金銭や時間の感覚が合わない人は、決して悪い人じゃない場合も多々あります。

それでも波長が合わないと感じたら、お互いの軸を保つために「縁を切る」という決断も重要です。

波長が合わない人はどんな人?

悪縁を切るべき理由とタイミング

冒頭でお話した通り、すべてのご縁には意味があり、人間関係には学びがあります。

そのため、都合の悪い縁を反射的に断ち切ってばかりでは、いつまで経っても魂の成長には繋がりません。

そこで続いては、

なぜ悪い縁は切るべきなのか?

縁を切るタイミングはいつがいいのか?

といった、縁切りの素朴な疑問を解消していきましょう。

悪縁を切るべき理由

悪縁を切るべき最大の理由は、良縁が引き寄せられなくなるからです。

物を片付けたり増やさないことで快適な空間を整える、「断捨離」という考え方があります。

断捨離によって必要な物だけに囲まれると、自分が本当に大切にしたいものに気づくことができます。

不要なものを手放すと必要なものに気づける

という断捨離の考え方は、人と人のご縁にも当てはまるのです。

恋愛もお金も人生の豊かさも、すべては人が運んできてくれます。

良縁によって豊かな人生を築くために、そして悪縁で波動を意味なく乱されないように、悪縁は手放すべきなのです。

悪縁を切るべきタイミング

悪縁を切るべきタイミングは、その人を許すことができた時です。

苦手な人を許せるようになったということは、他人を受け入れる自分の器が広がったサイン。

それはつまり、これから出会うより多くの人に愛を与えられるようになった「成長の証」でもあるのです。

逆に言うと、相手を許せなかったり無関心でいられないうちは、成長の余地や学びが残されているということ。

無理や我慢は禁物ですが、相手を感情的に否定しないで、

どうしてあの人のことがこんなに苦手なんだろう…?

と内観したり人に話して原因を探ってみると、悪縁は意外と簡単に切れると気づけるかもしれません。

悪縁の穏便な切り方

ここまで紹介した特徴に当てはまる人とはいずれ縁を切るべきですが、人間関係のトラブルは避けたいですよね。

そこで最後に、悪縁を無理なく穏やかに切る具体的な方法をご紹介します。

悪縁の穏便な切り方
  1. 無関心を貫く
  2. 良縁を感じる人と積極的に関わる
  3. 自分自身の波動を上げる

悪縁の切り方1.無関心を貫く

悪縁を断ち切る上で最も心がけてほしいことが、その人に対して無関心を貫くこと。

普通に挨拶して、イラッとしても「無」で接して、ただただいつもの自分であり続けてください。

悪縁で繋がっている人に対しては、無関心も「愛」です。なぜなら、お互いに余計なストレスがなくなり自分軸を保てるから。

縁を切りたい…早く離れたい…

と感じることもあると思いますが、そのお相手と必要以上に関わることなく、ただ無関心を貫いてください。

無理なく無関心になるには?

悪縁の切り方2.良縁を感じる人と積極的に関わる

苦手な人と縁を切るには、逆転の発想で良い人と積極的に関わるようにすることも効果的です。

お金や時間といった3次元の価値を、良縁を感じる人にたくさん注いでください。

悪縁を感じる人がエナジーバンパイアなら、良縁を感じる人は「エナジーギバー(エネルギーを与える人)」です。

波長の合う人と関わるほど、波動が上がってストレス耐性が高まったり、自分のすべきことに集中できるようになります。

すると相性の悪い人から自然と意識を逸らすことができ、縁も少しずつ切られていきます。

縁を切るとどうなる?

悪縁の切り方3.自分自身の波動を上げる

悪縁を穏便に切る3つ目の方法は、自分の波動を上げること。

エナジーバンパイアは、今の自分でもエネルギーを奪えそうな「自分より少し波動の高い人」をターゲットにします。

自分とあまりに違う世界で活躍している人に対しては、嫉妬や悔しさより、憧れや尊敬の気持ちが湧きますよね。

つまり、エナジーバンパイアからエネルギーを奪われないくらい波動の高い人になれたら、

この人からはもうエネルギーを奪えない…

と感じてもらえて、相手から嫌味を言われたり恨まれることなく自然と遠ざかってもらえるのです。

無関心を貫くより難易度は上がりますが、もしその人の影響で波動の高い人になれたら、

あの人のおかげで成長できた!

と思えるようになり、結果的にそのご縁の意味に気づくこともできるでしょう。

波動を上げるには?

この記事のまとめ

縁を切るべき人はどんな人?
  • 悪口や愚痴で周りの波動を下げる人
  • 人を傷つけて自分を正当化する人
  • 感謝せず与えられる一方の人
  • お金や時間の価値観が合わない人

縁を切るべき人の特徴は、スピリチュアルの視点で見ても、実は人として当たり前のことだったりします。

その人を許し、学びを終えることができたら、今回ご紹介した方法で、お互いのためにご縁をそっと切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。