ツインレイに同性はいる?同性ならではの特徴5選

ツインレイが同性の意味は?同性ならではの特徴5選

同性でなぜか惹かれるその人は、もしかしたら魂を分け合った「ツインレイ」かもしれません。

スピリチュアルな伴侶のツインレイに肉体的な性別は関係なく、実は同性のツインレイもいます。

この記事では、ツインレイが同性である意味や同性ならではの特徴について、スピリチュアルの視点で分かりやすく解説していきます。

ツインレイに同性はいる?

ツインレイは必ずしも異性だけじゃなく、同性カップルの場合もあります。

ツインレイはパートナーとして男性と女性に分かれますが、この性は「肉体的に」という意味ではありません。

同じ性別のツインレイも、男性側の役割と女性側の役割に分かれ、統合までの道を歩みます。

ツインレイに同性が少ない理由

同性のツインレイが少ないと言われる理由は、現代で同性カップルや同性婚が未だにマイノリティで、試練がより厳しいものになるから。

ツインレイは魂の成長のために、年の差や不倫などの複雑なパートナー関係を設定し転生します。

『神は乗り越えられる試練しか与えない』

という言葉があるように、ツインレイの試練は、真剣に向き合えば乗り越えることができます。

しかし現代の同性パートナーは、肉体的にも社会的にも肩身が狭いのが実情です。

そんな同性ツインレイが試練を乗り越えるには、辛さや不遇さに立ち向かえるくらいの「魂レベルの意志の強さ」が求められます。

そのため今の時代は、肉体的に異性のツインレイが多く、同性カップルは少ないのです。

この先、性的マイノリティが受け入れられる時代になれば、同性ツインレイの転生や統合も増えていくでしょう。

同性ツインレイの特徴

肉体的な性差に関わらず、同性も異性もツインレイの特徴はほとんど同じです。

ここからは、その中でも同性ツインレイだからこそ見られる特徴をいくつかご紹介します。

同性ツインレイの特徴
  1. 役割が男性側と女性側に分かれる
  2. 男女の役割は変わることもある
  3. シンクロニシティがよく起こる
  4. 闇が深くなりやすい
  5. 同性ツインレイの覚醒手順は異性と同じ

特徴1.役割が男性側と女性側に分かれる

性自認がはっきりしている同性ツインレイも、パートナーとしての役割が「男性側」と「女性側」に分かれます。

ツインレイは、魂レベルの役割や願望が男性と女性で異なると言われています。

ツインレイの男女の役割
  • ツインレイ女性は、パートナーを連れて人生を切り開いていく自立タイプ
  • ツインレイ男性は、パートナーを物質的・精神的に支える援助タイプ

このようなツインレイの男女関係は、よく「脚本家」と「役者」に例えられます。

ツインレイ女性が2人の理想の脚本を書き、ツインレイ男性が役柄を演じてストーリーを具現化します。

この役割は、同性のツインレイもどちらかが一方を担うことになります。

そしてこの役割に上下や優劣はなく、ツインレイはお互いを支え合い、対等な関係を築くことができるのです。

特徴2.男女の役割は変わることもある

性は「男か女か」ではなく「グラデーション」と言われるように、ツインレイの男女の役割もその時々で変化します。

異性のツインレイでも、自身の役割を自覚できている人は決して多くなく、

女性だと思ってたら役割は男性側だった!

と後々気づくことも珍しくありません。

同性のツインレイはもちろん、性自認が流動的なカップルあれば、ツインレイの男女の役割も移り変わりやすくなります。

特徴3.シンクロニシティがよく起こる

同性・異性に関わらず、ツインレイ同士には「シンクロニシティ」という現象がよく起こります。

シンクロニシティとは、特別な意味を感じられる偶然の出来事のこと。

例えばツインレイ同士は、以下のような偶然の出来事を何回も体験します。

シンクロニシティの一例
  • 示し合わせていないのに何度も出会う
  • 人生観や価値観など深い部分に非常に共感できる
  • 初対面のはずなのにどこか懐かしい感じがする
  • 相手の言いたいことが話し始める前に分かる

このような奇妙な偶然を感じる相手は、肉体的な性に関係なく魂レベルで繋がっている証拠です。

今の時代は、同性ツインレイとの出会い自体がシンクロニシティと言えるかもしれませんね。

偶然が一致するのはなぜ?

特徴4.闇が深くなりやすい

同性ツインレイが現代で出会うことは、それ自体が奇跡的な出来事です。

性的マイノリティの人がツインレイに出会えたら、喜びも大きい反面、

この人を絶対に手放したくない!

といった執着も非常に深くなります。

多くのツインレイは、パートナーと関わる過程で、依存や嫉妬・孤独といった「」を手放していきます。

その闇は、異性のツインレイですら試練に思えるほど辛いもの。

同性のツインレイともなると、闇はいっそう深まり、試練が過酷になる傾向にあります。

ツインレイの「闇」とは?

特徴5.同性ツインレイの覚醒手順は異性と同じ

同性ツインレイの覚醒の道のりは、異性のツインレイとまったく同じです。

ツインレイには、出会いから魂の統合までに以下の「7つのステージ」があるとされています。

7つのステージとは?
  1. 出会い…ツインレイの2人が出会う
  2. テスト…ツインレイがお互いの愛や絆を試す
  3. 危機…お互いの距離が離れたり別れを考え始める
  4. サイレント…ツインレイ同士が一時的に音信不通になる
  5. 手放し…お互いに相手への執着を手放す
  6. 覚醒…魂が覚醒し無条件の愛に気づき始める
  7. 統合…魂が統合し無条件の愛を与えられる

各ステージの長さや試練の程度はツインレイによって変化しますが、7つのステージ自体は、同性も異性も変わりません。

ツインレイとは魂のパートナーであり、肉体的な性や自身の性自認は、覚醒には本質的に関係ないのです。

今の自分のステージはどこ?

この記事のまとめ

同性ツインレイの特徴
  1. 役割が男性側と女性側に分かれる
  2. 男女の役割は変わることもある
  3. シンクロニシティがよく起こる
  4. 闇が深くなりやすい
  5. 同性ツインレイの覚醒手順は異性と同じ

同性でも異性でも、ツインレイに出会えたこと自体が奇跡で、人生を共に歩めることはもっと奇跡的な出来事。

今の時代は、同性ならではの生きづらさも多々ありますが、

乗り越えられない試練はない!

と信じて、ツインレイとの愛を着実に育んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。