ツインレイの記事

一瞬で波動を上げる方法5選!簡単にできる波動の高め方

一瞬で波動を上げる方法5選!簡単にできる波動の高め方

波動が高い人には自分軸やオーラがあり、性別に関係なく人を魅了します。

そうした憧れの人を見ていると、波動を上げることが難しく思えたり才能が必要な感じがしますよね。

しかし、そもそも波動とは、誰もが無条件に持っているエネルギー。

方法やコツが分かれば、スピリチュアルな能力や霊感がなくても波動は簡単に上げられるのです。

そこでこの記事では、実践した瞬間に波動が上がる方法を具体的にご紹介していきます。

一瞬で波動を上げる方法

さっそく、一瞬で波動を上げる方法を順番にご紹介します。

ご自身にとって最も取り組みやすい方法を1つ見つけて、今日から波動を高めていきましょう。

一瞬で波動を上げる方法
  1. 見た目を変える
  2. 今この瞬間に集中する
  3. 持っているものに感謝する
  4. 不要なものを手放す
  5. 湯船に浸かる

見た目を変える

一瞬で波動を上げるには、ご自身の見た目を「魅力的な自分」「理想の自分」「なりたい自分」に変えましょう。

見た目を変える
  • 美容院でいつもより高いコースを予約する
  • 仕事用にワンランク上のスーツを買う
  • ずっと履き続けられる高価な靴を買う
  • 予定がない休日も好きな人と初デートに行く時のようなオシャレをする

パジャマを着れば眠くなったり髪がボサボサだと外に出たくなくなったりと、人の気分や行動は見た目に大きく影響されます。

つまりファッションや髪型を少し贅沢に整えるだけで、気分は自然に上向き、波動も簡単に持ち上げられるのです。

今この瞬間に集中する

波動を一瞬で上げるには、今この瞬間の自分に意識を集中して「マインドフルネス」になりましょう。

マインドフルネスとは?

自分の意識を過去でも未来でもなく今この瞬間に集中している状態。

波動は肉体だけでなく、思考や感情などの非物質にも宿っています。

過去のトラウマや将来の不安で散乱してしまった意識を今現在に集結させることで、波動を瞬時に高めることができるのです。

マインドフルネスになる方法は「瞑想」が有名ですが、もっとシンプルに目の前のことに集中する方法もあります。

今この瞬間に集中する方法
  • 時間を忘れるほど夢中になれる趣味に没頭する
  • スマホの電源を切って誰にも邪魔されない環境で映画鑑賞する
  • 図書館に出かけて気になる本をその場で見つけて読んでみる
  • やるべきことを後回しにしないで思い立った瞬間に済ませる

ワクワクすることに夢中になっている瞬間、あなたの波動は非常に高い状態になります。

お金を掛けなくても無理に頑張らなくても、好きなことを素直に楽しみさえすれば、波動は簡単に上がるのです。

持っているものに感謝する

心が「感謝」で満たされている時、あなたの波動は最高潮に達します。

ないものへの執着を手放して、自分が今持っているものへの有り難さを感じることで、波動は簡単に上昇します。

「持っているもの」とは?
  • 連絡したら返事をくれる友人がいること
  • 食べたい物を自由に選べること
  • 治安の良い日本に暮らしていること
  • 屋根のある家で今日も安眠できること
  • 明日もきっと生きていること

感謝は、他人から嬉しいことをされた時だけ芽生える感情ではありません。

当たり前のことへの感謝が当たり前にできる人は、波動も必然的に高まるのです。

不要なものを手放す

必要な物に感謝するために、自分にとって不要なものを手放しましょう。

「不要なもの」とは?
  • 捨てたいと思いつつ押し入れにしまわれている物
  • 昔から付き合いがあって距離を置きづらい苦手な知人
  • 未練があって消せていない昔の恋人との写真

不要な物事や苦手な人ばかりに気を使っていると、自分が集中すべきことに意識を向けられず、波動が散乱してしまいます。

人間関係の整理はハードルが高いため、まずはずっと使っていない物や数年着ていない服など、自分の部屋を断捨離してみましょう。

掃除が進むにつれて心が整理され、波動がどんどん上がっていることを実感できますよ。

湯船に浸かる

お風呂をいつもシャワーで済ませている人は、湯船に浸かることで波動を瞬時に高めることができます。

波動は、私たちの体を作っている小さな細胞の1つ1つに宿っています。

体温が上がると細胞の働きが活発になって免疫力が上がったりデトックス効果が増すように、体を温めることで波動も自然に高まるのです。

湯船に浸かる以外にも、体や心を温める行為はどれも波動を上昇させてくれます。

心や体が温まる行為
  • 心地良さを感じる強さの運動
  • 好きな人とのハグやキス
  • 泣ける映画を見たり小説を読む

38〜40℃の湯船に20分ほどじっくりと浸かることで、波動を手っ取り早く上げられるでしょう。

波動を簡単な方法で上げる時の注意点

波動は気分と同じで、一瞬で上げた波動は、意識しなければすぐに下がってしまいます。

本当に波動の高い人になるには、波動を簡単な方法で上げることのデメリットと対処法も理解しましょう。

波動を簡単に上げる時の注意点
  1. 一瞬で上げた波動は簡単に下がる
  2. 波動が下がる行動を避ける

一瞬で上げた波動は簡単に下がる

今お話しした通り、簡単に上げた波動は、油断するとすぐに下がってしまいます。

脳から分泌される「セロトニン」という幸せホルモンは、気分を一時的に持ち上げてくれますが、効果も長くは続きません。

波動も脳内ホルモンと同じように、下げない方法が習慣になっていなければ、すぐに元の高さに戻ってしまうのです。

しかし一瞬で波動を上げることは、決して無駄ではありません。

なぜなら、波動が上がった感覚を実際に体験できるから。

これが波動が上がった時の感覚なんだ!

と実体験で分かっていれば、今後波動の高い状態を再現しやすくなり、波動を上げるための実践がどんどん簡単になっていくのです。

波動の高い人に確実になるには、波動を上げる生活や行動を「習慣化」しましょう。

波動が下がる行動を避ける

一瞬で波動を上げられても、波動が下がる行動を取っていたら高い状態を保つことは難しくなります。

波動をスムーズに上げるには、波動の低下を防ぐことも重要です。

波動を下げる行動とは、一言で表すなら「不快に感じる行為」です。

波動を下げる行為
  • 波長の合わない人と我慢しながら一緒に過ごす
  • 目的なくSNSやYouTubeをダラダラと見続ける
  • ご飯を抜いたり睡眠時間を削ったりと生活リズムを乱す

人には「ホメオスタシス」と呼ばれる、体のバランスを自動的に調整する機能があります。

ホメオスタシスとは?

体温や免疫などの体の状態を常に一定に保つ働き。

波動を下げる習慣が身についている人は、波動の低い状態が自然体になっているため、瞬間的に波動を上げても簡単に低い状態に戻ってしまうのです。

波動を上げることばかりにこだわらず、不快感の原因を解消したり生活習慣を見直したりと、波動を下げないことも心がけましょう。

まとめ

一瞬で波動を上げる方法
  • ファッションやメイクにお金をかけて見た目を華やかに変える
  • 瞑想したり趣味に没頭して自分の意識を今この瞬間に集中する
  • 自分が今持っているものや繋がっている人に感謝する
  • 捨てられず放置していた物や気を使う人との関係を手放す
  • 湯船に浸かって体を芯から温める

波動は、体を温めたり心地良い体験をすることで簡単に上がります。

しかし注意点でもお伝えした通り、波動は瞬時に上げてもすぐ元の状態に戻ろうとします。

真に波動の高い人になるには、不健康な生活習慣や波動を下げる行動を見直して、エネルギーを守る力も身につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です