ツインレイの記事

波動が高い人のオーラの特徴4選!強いオーラを出す方法は?

波動が高い人のオーラの特徴4選!強いオーラを出す方法は?

人には物質が放つオーラを感じ取る力があり、相手の雰囲気を察したり、場の空気を読むことができます。

魅力的な人に「オーラがある」と言うように、波動が高い人のオーラには、特徴的な共通点や個性が現れます。

この記事では、波動が高い人のオーラの特徴についてスピリチュアルの視点でお話ししていきます。

波動が高い人のオーラの特徴

波動が高い人のオーラは、霊感がない人にも分かるほど濃密で、特別な雰囲気を感じさせます。

さっそく、波動が高い人のオーラに現れる4つの特徴を見ていきましょう。

波動が高い人のオーラ
  1. 透明感がある
  2. 色気がある
  3. 輝きがある
  4. オーラが適度に濃い

透明感がある

波動が高い人のオーラには透明感があり、雰囲気に嫌らしさがなく透き通った印象を他人に与えます。

健全な会社を「透明性のある企業」と言ったり、都会から離れると「澄んだ空気」を感じられるように、波動の高い人や場所にはエネルギーの濁りがないのです。

透明感がある人の特徴
  • 自我が強くなく相手を尊重できる
  • 物腰が柔らかく他人に優しい
  • 承認欲求が低く現状に満足している

透明な物質は、あらゆる波長の光を吸収しないで透過します。

波動が高い人も、多様性を認められたり他人の意見に流されない芯があるからこそ、オーラに透明性が出るのですね。

色気がある

波動が高い人は、男性も女性もオーラに色気があり、性別に関係なく人を魅了します。

色気のあるオーラは、仕草を華やかにしたり言葉遣いを美しくさせたりと、その人に上品さを感じさせます。

波動が高い人の色気
  • 性的な興奮ではなく気品を感じる
  • 男性らしさや女性らしさがある
  • 言葉遣いや所作が美しい

波動の低い人は、波動が高い人の言葉遣いやファッションを真似してみても、同じ色気をすぐに出すことはできません。

波動が高い人の精神的な成熟や落ち着きが、オーラを魅惑的にするのです。

輝きがある

波動が高い人のオーラには輝きがあり、存在感を放ったり唯一無二の個性を他人に感じさせます。

透明感と存在感って矛盾してない…?

と思われるかもしれませんが、透明性のある人は、必ずしも影が薄いわけではありません。

例えば、自分勝手な人ばかりがいる場所に他人を敬える人が現れたら、後者の存在感は際立ちますよね。

日光は透明でも太陽自体は何より輝いているように、波動の高い人のオーラにも、周囲を明るく照らすきらめきがあるのです。

オーラが適度に濃い

人のエネルギーの高さはオーラの濃淡で知ることができ、波動の高い人は、オーラも適度に濃くなります。

ただしオーラの濃さに優劣はなく、オーラの色によって特性が変わるように、濃淡も個性や傾向の違いを表します。

オーラが濃い人の特徴
  • 自分の思想や信条を貫く能動的な性格
  • 個性を発揮するほどオーラが濃くなる
  • 主張が強すぎて他人と対立することがある
オーラが薄い人の特徴
  • 他人との協調や共感を重視する受け身な性格
  • 他人と調和するほどオーラが薄くなる
  • 自分の意思を持てず他人に流されることがある

波動が高い人は、自分のオーラの適切な濃度を理解しています。

そのため自分の個性を活かしながら、他人と調和することもできるのです。

波動が高い人のオーラの出し方

波動が高い人は、他人を惹きつけるオーラの出し方を無意識に心得ています。

オーラのある人になるには、波動の高い人の心得を真似することが近道です。

続いては、強いオーラを出す人が無意識に実践していることをお伝えしていきます。

オーラを出す方法
  1. 自分の言葉や行動を振り返る
  2. 時間をかけて自分を磨く
  3. 今この瞬間に集中する

自分の言葉や行動を振り返る

人を魅了するオーラを出すには、自分の言葉や行動を振り返り、なりたい自分になるためにポジティブな言動を習慣化することが大切です。

オーラの濃度についてお伝えした通り、人には、その時期その場所に適したオーラの濃さがあります。

オーラが濃い人は、主体性や行動力が高まる一方で、自分の価値観を他人に押しつけたり思いやりのない人になってしまうことも。

オーラの濃さは目に見えませんが、自分の言葉遣いや所作を振り返ることで、自力でおおよそ見分けることができます。

そうして「今の自分」と「なりたい自分」の差に気づくことが、オーラに輝きや透明感を出すための第一歩です。

時間をかけて自分を磨く

透明感のあるオーラやモテるオーラを出すには、時間をかけて自分を磨くことも重要です。

人の習慣は数日では変わらないように、色気や上品さも今すぐに身につけることはできません。

取り繕っていない本物のオーラを出すには、ある程度の時間がかかることも理解しておきましょう。

オーラを出すために習慣化したいこと
  • 自分にとって健康的な生活スタイル
  • 憧れの人やなりたい自分に近い人の真似
  • 物事のポジティブな面を見ること

いつも冷静な人にオーラを感じられるように、焦らず自分を変えていくこと自体が、オーラを出すための訓練になりますよ。

今この瞬間に集中する

波動が高くて他人にオーラを感じさせる人は、誰もが「マインドフルネス」になり、今この瞬間に集中することができています。

マインドフルネスとは?

過去でも未来でもなく今ここに意識を集中している、無我夢中の状態。

好きなことに熱中していたり使命感のある人の波動は非常に高く、行動力や直感力が増し、他人を自然に感化させることもできます。

また、目の前のことに完全に集中していると邪念が生まれなくなり、オーラも透明になっていきます。

自分の本心に素直になり、今やるべきことに意識を集中しさえすれば、他人を魅了するオーラも自然に醸し出されるのです。

まとめ

波動が高い人のオーラの特徴
  • 透明感があり嫌らしさがない
  • 色気があり男性も女性も魅了する
  • 輝きがあり存在感を放つ
  • オーラが適度に濃くバランスが取れている

波動が高くてオーラのある人は、そこにいるだけで人の心を動かし、癒しや勇気を与えます。

一度きりの人生を焦らず楽しみ、自分をコツコツと磨いていくことで、波動は着実に高まっていきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です